体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

住宅ローンの申し込み・契約が自宅で可能に! 便利になるの? 体験してみた

住宅ローンの申し込み・契約が自宅で可能に! 便利になるの? 体験してみた

今年の4月下旬から三菱東京UFJ銀行がインターネットで住宅ローンの申し込みから契約までできるシステムの運用をはじめたという。さっそく同行に行って模擬体験させてもらった。

必要書類の添付もネットでアップロードできる

住宅ローンの契約は通常、銀行の店頭に出向いて対面で書類を交わさなければならない。当然、銀行の窓口が開いている平日の昼間に行かなければならないし、書類に不備などがあったりすると何度も出直す必要がある。その契約手続きが自宅に居ながらインターネットでできれば、かなり時間が節約できそうだ。

まず全体の流れは次のとおりだ。

●申し込みから借り入れまでの流れ

・事前審査の申し込み

・事前審査の結果連絡

・正式申し込み

・正式審査

・住宅ローン契約

・借り入れ

「インターネットで住宅ローンの契約をするには、まず事前審査を申し込んで専用のマイページを開設する必要があります」と教えてくれたのは、三菱東京UFJ銀行の企画担当者だ。まず同行のホームページから住宅ローンのページを開くと、「かんたん事前審査」のバナーがある。そこから年収や職業、物件の情報などを入力して事前審査を申し込む。事前審査が承認となると、マイページのIDとパスワードが簡易書留便で数日後に郵送されてくる。【画像1】三菱東京UFJ銀行の住宅ローンページ。トップ画面に「かんたん事前審査」、右側に「マイページ」のバナーがある(画像/三菱東京UFJ銀行ホームページ画像キャプチャ)

【画像1】三菱東京UFJ銀行の住宅ローンページ。トップ画面に「かんたん事前審査」、右側に「マイページ」のバナーがある(画像/三菱東京UFJ銀行ホームページ画像キャプチャ)

マイページにログインすると、メインメニューの画面に切り替わる。「正式な申し込み」の項目をクリックすると正式申込書の画面が現れるが、年収や職業などは事前審査で入力した情報がすでに記載されているため、入力する必要がなく操作も簡単だ。【画像2】メインメニューの画面。「メッセージボックス」で銀行に問い合わせると、チャット形式で担当者とやりとりができる(画像提供/三菱東京UFJ銀行) 【画像2】メインメニューの画面。「メッセージボックス」で銀行に問い合わせると、チャット形式で担当者とやりとりができる(画像提供/三菱東京UFJ銀行)【画像3】申し込み内容の確認画面。「お申込内容の確認」をクリックすると、詳細な申込書がPDF形式で表示される(画像提供/三菱東京UFJ銀行)

【画像3】申し込み内容の確認画面。「お申込内容の確認」をクリックすると、詳細な申込書がPDF形式で表示される(画像提供/三菱東京UFJ銀行)

申込書の内容を確認し、次へ進むと、個人情報の取り扱いや団体信用生命保険などの確認事項のほかに、マイナンバーカードの利用意向を確認する画面も現れる。このシステムを使って住宅ローンの契約をする場合はマイナンバーカードを利用することが必須なので、利用条件を確認して同意することで住宅ローンの正式申し込みが完了する仕組みだ。

なお、正式申し込みには各種書類の添付も必要だが、この手続きもネットでできる。メインメニューで「書類のアップロード」の項目をクリックすると、「書類のご提出/アップロード」という画面が現れる。ここでは源泉徴収票などの収入証明書類や運転免許証などの本人確認書類、売買契約書など物件に関する書類を、スキャナーやスマートフォンのカメラを使ってPDFやJPEGなどの形式で取り込み、アップロードすればよい。必要な書類は申込内容によって異なるが、10数種類ほどあるのでそれなりの作業量だ。【画像4】書類の提出/アップロード画面。パソコンに保存したファイルから一つずつアップロードしていく(画像提供/三菱東京UFJ銀行)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。