体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」

超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」 フロムエーしよ!! 超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」 フロムエーしよ!! 超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」

メインダンサー&バックボーカルグループの超特急。デビュー5周年となる今年、これまでの軌跡をつめこんだヒストリーブック『Signal』を発売しました。

そこで、メンバーのカイ、リョウガ、ユーキ、ユースケの4人に5年間の仕事に対する思いや夢をかなえる方法、そしてやってみたいアルバイトの話を聞いてみました!

10代から20歳になって、社会人として仕事への考えが変わった(カイ)

フロムエーしよ!! 超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」

――10代でデビューして5年経ちましたが、仕事に対する思いが変わったことはありますか?

カイ 20歳になって仕事に対する考えが大きく変わりました。未成年のときも仕事として取り組んではいましたけど、どこか学生気分が抜けていなくて。

20歳を迎えて社会人となったときに、お金をもらって働くことの意味を強く意識した気がします。

リョウガ 僕は2014年の12月に行われた国際フォーラムでのクリスマスライブで意識が変わりました。

このライブは“エンターテイメントショー”をテーマにしていて、これまで以上に8号車(ファン)を楽しませることを考えてステージに立ったんです。そのときに8号車の笑顔や「ライブに来られて本当によかった」という声を聞いてライブへの取り組み方が大きく変わったんです。

それまで、自分が踊ることで精一杯でしたが、ライブに来てくださった方、ひとりひとりに楽しんでいただきたいと強く思うようになりました。

――リョウガさんに少し余裕が生まれたのかもしれませんね。

リョウガ それはあります。初歩的な話で申し訳ないのですが、それまで人見知りの僕はステージに立っていても目線がいつも下向きで8号車をなかなか見られなかったんです。

でも、余裕が出たことで8号車の表情も見られるようになって。余裕といっても、まだまだですけど(笑)。

人とつながるには「断られて当然」くらいの気持ちがあるといい(ユーキ)

フロムエーしよ!! 超特急(メインダンサー&バックボーカルグループ)インタビュー「ちょっとした気づきで夢は叶う」

――ユーキさんはもともとテレビが大好きでこの世界に入ったんですよね。

ユーキ 小さい頃からテレビが大好きで、ずっとバラエティ番組に出たいと思っていました。でも観るのと出るのでは大違い! 経験豊富な方と一緒に番組に出るのは勉強になる反面、自分の知識不足を感じることも。

でも、この5年の間に仕事のつながりでいろいろな方と知り合えて、関係を築けたのは大きな成長になったと思います。

この仕事をはじめて、いままで出会えなかった方と話せるのは刺激になりますし、すごく楽しい!

――ユーキさんようにどんどん人とつながれるコツってなんでしょうか。

ユーキ 自分の思いを口に出すことだと思います。仲良くなりたいと思ったら自分から声をかけて行動するのが一番! ガツガツ自分から動いて、相手に引かれたらそれは縁がなかったということで…。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。