体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高級ハラミ肉を堪能できる専門店が大阪にオープン! 人生で一度は行きたい『北新地はらみ』

7月20日、大阪・北新地に焼肉店『北新地はらみ』がオープンした。
その名の通り、一頭の牛から数㎏しか取れない希少部位であるハラミの魅力をより多くの人に伝えたいというのがこの店のテーマ。

大阪の老舗イタリアンレストラン、ポンテベッキオ本店でシェフを務めた服部融快(ゆうかい)さんがプロデュースを務め、これまでの焼肉店にはなかった高級感と繊細な味わいを満喫することができるというがいかに。

今回、筆者である中将タカノリが、女優で自ら飲食店経営もてがける食通・三枝雄子さんと共にレセプションパーティーにうかがった。

和風モダンの店内は1階のカウンター席、2階、3階のテーブル席からなっていていずれも広々。ビールもいいが、高級肉を迎えにワインなど嗜むにもいい雰囲気だ。

この日、まず前菜としていただいたのは『ハラミユッケ トリュフ添え』

いかにも新鮮な赤々とした薩摩牛ハラミに高級卵『龍の卵』と山盛りのトリュフ!よくあるユッケのどぎつい甘辛さはない。口に含めばまず質の良い肉特有の優しい甘みが舌に乗っかり、続いてトリュフの香りが鼻腔に広がり、最後にすべてが卵の旨みと一体になって脳髄を刺激する。一口で三段階の味わいが楽しめる至高の一品だ。

続く『特上タン 10㎜厚切り』も素晴らしい。

そのまま生でもいただけそうな鮮度なので軽く表面をあぶったくらいでいただいたが、臭みはまったくないし非常にやわらか。レモンをかけずに口内でゆっくり咀嚼して染み出る肉の味を楽しむのをおススメする。

そしていよいよ真打の『ハラミ』『サガリ』

ハラミとサガリは店によっては区別されないほど非常に近い部位だが脂ののり方など微妙な違いがある。

「ハラミ食べずしてサガリは語れず、サガリ食べずしてハラミは語れず」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。