体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家庭犬しつけインストラクターに聞く! 犬と楽しく住める街や家ってどんなところ?

家庭犬しつけインストラクターに聞く! 犬と楽しく住める街や家ってどんなところ?

犬を家族として迎える喜びは想像以上! でも、犬と楽しく住める家や街はどんなところだろう? 物言わぬ愛犬たちのために飼い主として知っておきたいことを、家庭犬しつけインストラクター西川文二さんに教えて頂いた。

住まいやライフスタイルの変化によって変わった犬の役割

雑誌やテレビにも出演されている西川先生は、“家庭犬”のしつけ教室を運営する人気インストラクター。

“家庭犬”とは、「警察犬のように仕事のための“作業犬”や競技のための犬とは違って、家族と共に生活するコンパニオンとしての犬。長らく日本で犬は一戸建て住宅の庭先など外で飼う番犬が多かったのですが、マンションなど集合住宅の世帯が増えたり、子どもの数が減ったこともあって、2003年ごろから犬を室内で飼う世帯の方が増えてきて、番犬ではなく家庭犬としてのしつけが必要になってきたのです」(西川先生、以下同)【画像1】西川文二さん(Can! Do! Pet Dog School代表)公益社団法人日本動物病院協会認定の家庭犬しつけインストラクター(画像提供/Can! Do! Pet Dog School)

【画像1】西川文二さん(Can! Do! Pet Dog School代表)公益社団法人日本動物病院協会認定の家庭犬しつけインストラクター(画像提供/Can! Do! Pet Dog School)

「ペットと幸せに暮らすためには、“飼い主+ペット+周りの人”が共に幸せでなければなりません。動物嫌いな人は必ずいますし、ご近所など周囲の人に迷惑をかけないようしつけることは飼い主の義務でもあります」と、西川先生。

確かに糞尿の始末や、鳴き声など飼い主が犬をしつけられないと、ご近所に迷惑をかけお互い不幸になってしまうだろう。犬と楽しく暮らすには、家や街のハードよりもまずは、ソフト、“しつけ”が重要そうだ。

室内で飼う家庭犬のしつけは、生後3~4カ月齢までの社会化期が大切!

まずは“しつけ”が重要ということがわかったが、家庭犬としての基本マナーをしつけるには、犬も人間と同じく早い段階が効果的だという。人間は“三つ子の魂百まで”と言うが、犬は?

「ペットとして犬を買うケースは生後2カ月くらいが多いのですが、そこから生後4カ月までの2カ月間が犬の社会化期。ここで正しくしつけられれば、だいたい問題の無い子に育ちます。また、飼い始めから5~6カ月間は行動やマナーのトレーニングが必要です」

親元で生後2カ月しっかり育っていれば、社会性豊かでフレンドリーな性格になると言う。【画像2】トレーニングされた家庭犬は、預かりでもお友達と仲良く「待て」ができる!(画像提供/Can! Do! Pet Dog School)

【画像2】トレーニングされた家庭犬は、預かりでもお友達と仲良く「待て」ができる!(画像提供/Can! Do! Pet Dog School)

犬にとって快適なのは、大きな公園や川岸のある街

犬との共生を望む飼い主にとって良い住環境はどのような所なのか? 住まい選びを検討する際にも考えておきたい。西川先生に伺った。

「毎日のことでは、散歩コースに大きい公園があれば良いですよね。散歩は約30分を朝夕2回が好ましいので、往復30分と考えると徒歩5~10分内に公園や川岸があればベストですね」

公園=緑の中で土の上を歩くのが気持ち良いのは、人間と同じだ。加えて、

「犬の臭い嗅ぎという習性を満たしてあげるのにも、土の上を歩くのが良いのです」と、西川先生。【画像3】「公園大好き!」こんな顔されると、飼い主も歩かざるを得ず…これが犬オーナー元気の源(画像提供/Can! Do! Pet Dog School)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。