体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

C-HRに惹かれた方へ、オススメの中古車をご紹介【クローズアップ後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)での連載。今回はトヨタ C-HRをクローズアップ!

▲後ろ姿もかっこいいC-HR。でも新車はちょっと……なんて人のために、本記事ではオススメの中古車をご紹介

▲後ろ姿もかっこいいC-HR。でも新車はちょっと……なんて人のために、本記事ではオススメの中古車をご紹介

SUVは今や乗用車の主流!? 様々なタイプが登場

かつてハッチバック、ミニバン、ワゴンあたりに次ぐ新しい勢力だったSUVが、今では乗用車市場の主流と言っても過言ではないほどに人気が高い。SUVこそがオルタナティブだったのだが、現在ではSUVのなかに様々なオルタナティブが存在する。C-HRのようにスペースよりもスタイリングを優先させたSUVもその一つだ。より先鋭的な、SUVなのに2ドアクーペ(リアハッチ含めると3ドア)のようなタイプも出てきた。さらにはSUVなのにオープンという例も。

C-HRのライバルとして、国産では真っ先にホンダ ヴェゼルとマツダ CX-3が思い浮かぶ。ヴェゼルはスタイリングこそおとなしいが、ハイブリッドもあり、C-HRとはかなり属性が近い。ハイブリッドの4WDを選べるのはC-HRに対するアドバンテージだ。CX-3はマツダ得意のディーゼルでハイブリッドに対抗している。C-HRより買いやすい価格帯には、元祖変顔SUVの日産 ジュークと最近メッキを増やして顔つきがギラついたスズキ SX4 S-CROSSあたりがある。輸入車にもライバルはあまた存在する。ミニ ミニクロスオーバーとアウディ Q2はサイズや価格帯を考慮するとその筆頭だろう。この他、プジョー 2008、3008、シトロエン C4カクタス、DS4、ルノー キャプチャーなど、フランス勢もこの分野が充実している。

C-HRを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに7月18日時点のカーセンサーを参照)

ミニ ミニクロスオーバー(初代)

▲4ドアのミニ「ミニクロスオーバー」。ミニの可愛さはそのまま!

▲4ドアのミニ「ミニクロスオーバー」。ミニの可愛さはそのまま!

ミニ好きを喜ばせた4ドアのクロスオーバー

オリジナルミニの「こんなに大きいのはミニじゃない」という嘆きをよそに大ヒットしたミニクロスオーバーの魅力は、ミニなのに5人がゆったり乗れ、荷物もたくさん積み込むことができる点にある。実際のユーティリティ性はコンパクトSUVとしては平均レベルにすぎないが、“ゴーカート・フィーリン”と称されるキビキビした動きや、愛されキャラのファニーなルックスといった“ミニワールド”を好きなんだけれど、3ドアじゃあきらめるしかないと考えていた人たちを、この車は大いに喜ばせた。カッコ優先ならペースマンもあり。(塩見)

【中古車価格帯】110万~360万円

【モデル流通量】約610台

ホンダ HR-V(初代)

▲HR-Vは、当時は売れなかったが今乗っていると素敵なはず

▲HR-Vは、当時は売れなかったが今乗っていると素敵なはず

時代を先取りしたスタイリッシュSUV

SUVなのにスタイリッシュという“手法”がまだ一般的ではなかった90年代後半、ホンダはHR-Vという3/5ドアのスリークデザインをまとったスタイリッシュSUVを世に問うた。シューティングブレークをハイライダー化したようなモデルで、今風に言えばクロスオーバーか。コンパクトでありながらリアにたくさんの荷物を積み込むことができた。人気が出てもおかしくなかったが、出てくるのが10年くらい早すぎて当時の日本人はその魅力を理解できなかった。欧州では人気があったと聞く。今キレイに保って乗っていると素敵なはず。(塩見)

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。