体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「結婚のリアルなど不要!」死んだ恋人の悲しい夢……友達以上恋人未満を貫く彼女が求める理想の関係とは ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

強風の中で粘れ!冬の深夜の耐寒プロポーズ

源氏が老女たちを振り切って朝顔の部屋の前に来たのは、月が顔を出す頃でした。うっすらと雪化粧した庭は白く輝き、美しい夜です。朝顔の部屋はすでに格子戸が折りていますが、一間、二間は開けてあります。全部閉めるといかにも「来るな」と言わんばかりなので……という配慮です。

今夜の源氏はとても真剣に「せめて一言、あなたの口から嫌いだと仰ってくれませんか。それなら私も諦めます」。そう、朝顔はまだ源氏と直接口を利いていない。常に女房が同時通訳のようにして会話するのが高貴なお姫様ですが、それにしてもなんてまどろっこしんだろう。

女房たちはお気の毒だから是非お言葉を、と助太刀しますが、朝顔は「こんな歳になって直接会話するなんて恥ずかしい」と突っぱねます。それでも女房越しの会話はやんわりと続けるので、源氏も粘って夜更けまで居座ります。

風の吹きすさぶ冬の深夜に粘る光源氏、32歳。冬の寝殿造りは特に寒そうですが、これはキツイ。「もう若くない」と源氏も何度か言っていますが、こういう時にも体力の衰えを実感するのかもしれませんね。

風は冷たいし、いい返事はもらえないし、源氏の心は折れまくり。でも朝顔は「私の気持ちは変わりません」の一点張りです。これ以上は埒が明かないと、女房たちにあれこれ言いつつ退散しました。

「結婚のリアルなど不要」朝顔が求める理想の関係とは

「うちのお姫様はどうして」と女房たちが源氏に同情を寄せる中、朝顔は心のなかで(彼のことは好きだわ。でも私の本当の気持は知られたくない。結婚したらありふれた関係になってしまうだけ。これからも旧交を温め合う友人として付き合いたい)。

高貴で聡明、年上の憧れの女性と、源氏好みの要素を多く持つ朝顔ですが、彼女が藤壺や六条と違うのは「源氏を受け入れない」の一点につきます。源氏を受け入れたらどうなるか。朝顔はかつて葵上と六条の車争いをリアルタイムで見て衝撃を受け、その後もよく知っています。結婚したら最後、その先に待つのはお互いへの失望と倦怠、他の妻たちの嫉妬と軋轢が渦巻く、愛欲の泥沼です。

彼女は源氏と結ばれないことこそが、自らを唯一無二の存在にしうるとわかっていたのでしょう。親しくやり取りはするけれど、肉体的に結ばれない。友達以上恋人未満のプラトニックな関係を保てれば、朝顔は他の女性たちと差別化されるからです。

生身の源氏は確かにいるのに、手紙や人づての会話といった間接的なコミュニケーションにこだわり、直接話そうとも、抱き合おうともしない。朝顔の求めるところは今風に言うと”2.5次元的”とでも言えばいいのか、リアルな質感と夢を壊さない理想のいいとこ取りのようにも感じます。

そんな彼女にとって、実際の人生の伴侶としての源氏は不要。時折手紙や訪問で、ちょっと素敵な思いをさせてくれたらそれで十分だし、自分もそのように振る舞いたい。「リアルに傷つくのは嫌」とばかりに距離を置く朝顔は、恋愛をはじめ人間関係に不器用な現代人にも大いに共感できるところだと思います。

周囲に理解者なし「どうして結婚しないの?」に閉口

源氏は朝顔の心を掴みかね、世間のそしりを受けつつも引き下がれません。朝顔は親しげな手紙や贈り物を受け取るのもどうかと思うのですが、女房たちと叔母の五の宮はこの関係にとても喜んでいました。

五の宮は、朝顔の顔を見ると「結婚したらいいじゃない。あんなに立派で素晴らしい殿方がこんなに熱心にプロポーズしてくれるんだから、やっぱり2人は前世から結ばれる運命なのよ。あなたの父上もずっと後悔していたわ。あの頃は三の宮(大宮)と葵の上に遠慮があったから縁談をまとめられなかったけど、今はその心配もないんだし」。出たよ、結婚しろオバサン!どこの世界にもこういう叔母さんはいるんですね。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy