ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本の生産性が上がらない理由!? 「仕事を頑張っても報われない」という意見に共感多数

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
overwork_01

2015年に発表されたOECD加盟国(35ヶ国)中での日本の国民1人当たりGDPは394万円で18位。アメリカの2/3の水準で、平均の422万円を下回っています。これは90年代の経済低迷期以降、日本の労働生産性がほかの先進国と比べてかなり下回っていることを示しています。

この生産性が低いことを、給与に理由を求める意見が『Twitter』で話題になっています。あるユーザーは次のようにツイート。


エンジニアがプライベートで勉強することを、プロスポーツの選手がプライベートの時間で筋トレする事に例える人がいたけど、OK、それが可能なぐらいのプライベート時間とギャラをくれ。プロスポーツ選手並みに。って事じゃないのかね。

また、別のユーザーは「頑張っても評価されないからサラリーマンで得する働き方がなるべく働かない方向になる」と持論を展開した上で、次のようにその理由を説明。


1日の期限がある仕事を超優秀で10〜20分で片付けられる人がいるとする。
海外の職場ならそんな人には普通の社員の何倍も給料を渡すけど、日本の企業だと「そのペースで仕事出来るのか。その調子で一日中仕事してくれ。給料そのままだけどな」ってなるから、そらギリギリまでだらだらやるよ。

これに対しては、「当然そうなる」「がんばるだけ損」「力を出す意味がない」といった共感のツイートが続出。「頑張ったからといって給料も休みも増えない」といった意見や「のんびりやってる人の分まで仕事こなしても同じ給料だと考えると手伝う気が失せる」といった声もありました。

また、「給料は変わらずでどんどん仕事が増やされる」「頑張っても他社員が楽する」といった声も。さらに「日本の仕事にインセンティブという言葉があまり使われない」「自分で引っ張ってきてもチーム力の勝利だとか言い出す」といった不満を抱えている人も見かけたほか、「せめて褒めてほしい」といった声もありました。

「これでは日本の生産性は上がらない」といった意見も見られた労働側のインセンティブ問題。働いた分に報いる対価を与える、という当たり前のことが出来ていない企業が多いことが浮き彫りになったといえるのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/linitoka/status/887794683945951233 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。