体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま、映画黄金時代のネガフィルムが危ない! そして未来へ、名画を4Kで遺したい……

注目! 幅広くポスト・プロダクション業務を行う東映ラボ・テック株式会社から、映画のアーカイブについて、“歴史的使命”を感じながら真摯に語られた、3つの “緊急提言”をお届けしたい。(映画雑誌『キネマ旬報 7月下旬号』(7月5日発売/850円+税)より一部転載・全文は誌面をご覧下さい)

[座談会]
東映ラボ・テック株式会社 常務取締役 営業部長/近藤誠二
東映ラボ・テック株式会社 常務取締役 スーパーバイザー/根岸誠
東映ラボ・テック株式会社 取締役 アーカイブ事業部長/大津寄宏一
東映株式会社 コンテンツ事業部 業務室係長/谷本萌生

左より大津寄宏一、根岸誠、近藤誠二(以上、東映ラボ・テック株式会社)、谷本萌生(東映株式会社)

緊急提言1・いまネガフィルムが危ない!

近藤 弊社、東映ラボ・テックは1951年3月設立。本年まで66年間、フィルムの作業に従事し、東映さんはもちろんですが、多くの製作者の方々とも映像制作に携わらせていただいております。今回は、私たちが日々楽しんでいる映画・映像の保管にとって、重要な事態がいま起こっていることを、読者の方々にお伝えし、さらに、私たちももう一度考えてみようと思い、この座談会を開かせていただきました。適正な温度・湿度でない環境で保管されたアセテート系ベースのネガフィルムは、ビネガーシンドロームという現象を起こします。空気中の水分との化学反応によって、ネガフィルムが分解して、酢酸臭を発生し、歪んだり癒着したりと劣化してしまうんです。そうすると上映用のポジフィルムや、放送用テープ・配信用データを作ることや、フィルム本来の細かなデータを保存し、次世代のメディアなどに対応することができなくなってしまう。緊急の対策が必要だと思うのですが、我々現像の関係者や映画会社では常識でも、一般にどれだけ知られているか、ということを考えるとかなり心もとなく思っています。

根岸 「フィルムというものは100年間、保存できる」と、よく言われますよね。だから、「まだ大丈夫なんじゃないか?」というのが一般的な認識なんじゃないでしょうか。でもその認識には、重要な条件が抜け落ちているんですよ。「湿度40%以下・室温20℃以下」、もっと理想をいえば「湿度30%・室温4℃くらい」で保存した場合は、「100年間、保存できる」ということなんです。高温多湿というフィルムにとって悪条件の日本で、良い環境で保管できる場所は限られている、という現状があります。

谷本 映画が量産されていた50~60年代で、主に使用されていたのがアセテート系ベースのフィルムです。そして、ビネガーシンドロームが発見されたのが1990年代初頭。気づいたときには映画黄金時代のフィルムの劣化は始まっていたんです。現在、東映では、ネガフィルムを適切な低温低湿で保管していますが、劣化を遅らせることはできても元に戻すことはできません。

近藤 映画が多く製作されていた50年代当時の映画会社は、フィルムの二次利用、つまりソフト化やBS・CSなどでの放映、ネット配信、デジタルでの再上映などの需要があるとは想像できなかったと思うんですよ。とにかく毎週新しい映画を撮って映画館にかけて、で、「ネガは?」という感じだったはずです。またテレビのドラマ(スタジオでのビデオ撮影などをのぞく)、時代劇、特撮番組、アニメなどでも80年代頃までは、主に16ミリフィルムが使用されていました。それが90年代に劣化がみつかり、さらに30年が経過してしまいました。これを読んでくださっている皆さまが、「あの作品はちゃんと保管されているのだろうか?」と声を上げてくだされば、作品の適正な保管に繋がるかもしれないと思うんです。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。