体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

激辛家系ラーメン『壱角家RED』渋谷にオープン! 最恐に辛い唐辛子使用の“閻魔”を食べてみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横浜家系ラーメン『壱角家』が、2017年7月19日に辛みそを使った激辛ラーメンを提供する『壱角家RED』を東京・渋谷にオープン。とりわけここでは「RED」を冠するメニューが“風神”“雷神”“龍神”“閻魔”と辛さを選択することができ、中でも“閻魔”はギネス記録に乗ったことがあるという唐辛子「トリダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」とジョロキアソースを使い、最恐の辛さを実現しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

渋谷・道玄坂にオープンする『壱角家RED』。近隣には激辛ラーメンといえばおなじみの『蒙古タンメン中本』も出店しており、競争が激しくなりそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『壱角家』を運営する株式会社ガーデンの國松晃社長によると、寺をイメージしたという店内で「日本人だけでなく、訪日外国人にも楽しんでもらえる空間にしたい」と話し、各席にタブレットを導入してスタッフの負担を減らす工夫をしているといいます。実際、タブレットは日本語・英語・中国語(繁体・簡体)に対応。トッピングやドリンクなどの追加注文することができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各カウンターにはタブレットのほか、コップや給水口が常備。これなら男女問わずおひとり様でも気軽に入店できそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、カウンター席では厨房からレーンで注文したメニューが運ばれるシステムを導入。これが結構なスピードでやってくるので、初めて訪れる人はびっくりするのではないでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなわけで、『辛みそRED』“閻魔”(880円+270円)に挑戦してみました。メニューを監修したラーメン研究家の石山勇人さんによると、“風神”が辛さ1:シビレ1に対して、“閻魔”は辛さ6.5:シビレ6.5に調節しているとのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤い唐辛子と四川山椒で見た目も辛そうな『特製辛みそRED』。緑の唐辛子が噂の「トリダード・スコーピオン・ブッチ・テイラー」。スープは豚ガラを濃厚に煮込んだ濃厚な一品で、辛さの中にも旨味が感じられます。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。