体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『最遊記』限定・保志総一朗の司会も健在 『外伝』や『うら最』復活の話も!先行上映イベントレポート

7月より新たなTVアニメシリーズとして放送開始となった『最遊記RELOAD BLAST』。放送に先駆け、6月17日にメインキャスト登壇の先行上映イベントが開催されました。

4度目のTVアニメ化となる『最遊記』シリーズ。玄奘三蔵に関俊彦さん、孫悟空に保志総一朗さん、沙悟浄に平田広明さん、猪八戒に石田彰さんといった、変わらない三蔵一行が再集結!

イベントに登場した関さんも、「まさかTVシリーズで再始動できると思っていなかった」と喜びのコメントをしました。

保志さんの司会進行は『最遊記』だけ!

イベントでは、まず最初に保志さんが「ぱっぴー!」とお馴染みの挨拶でステージに登場。

「なぜ僕がいきなり出てきたか、びっくりしたんじゃないでしょうか? なんと、『最遊記』限定、司会でーす! 『最遊記』以外ありませんよ? なぜかと言うと、やらせてもらえないからです。『最遊記』はなぜか頼まなくても司会をやらせてくれるという、かなりレアな現場となっております」と説明。

そう、『最遊記』だけは、昔から司会を任される保志さん。(良い意味で)ゆるいトークが楽しめるのが『最遊記』の4人の魅力。

「ぱっぴー!」の挨拶について、「『最遊記』から生まれた言葉ですけども、10数年経ってもまだ言い続けております」と、保志さんが冒頭から感慨深げに話します。

そして、「みなさんお待ちかねのあいつらをお呼びしましょう!」と他キャスト3人を呼び扉が開いたのですが……、出て来る気配がない! ついに扉も閉まってしまい、「あ、そうか! 来ないつもりだ! これはたぶん平田さんの策略ですね。じゃあわかった! もう呼ばない!」と保志さん。するとようやく「なんかさっき司会の人からあいつら呼ばわりされたから」と抗議する3人が渋々登場し、オープニングからお茶目なお遊びが展開されました。

久々の三蔵一行は「八戒が渋くなった」

保志:アフレコをしてみていかがでしたか? 

平田:スタジオで、久々にこの4人でお互いの役の声を聞いた時に、「あ、変わってないな、すげーな」って感想だったんですけど、今日、完成版を見たら違ったんです。老けたというわけじゃなくて、関さんは迫力が増してたり、みんな少し“年輪“を感じて。一番腹が立ったのは彰ですよ。八戒ってキレない限り優しい物腰の柔らかいキャラじゃないですか。でも、少し渋くなりやがってません? 優しいうえにちょっと渋くなって、なんかカッコよさが倍増して、途中から「フンッ」って思いながら見てました。

石田:収録の前に『幻想魔伝 最遊記』を見返したら、ちょっと若いよな、とは我ながら思いました。頑張ってそこに合わせようかな、と思ったんですけど、それで最後まで続けられるものでもないかなと思って。

保志:悟空はかわいいキャラなので、逆に当初の悟空より、可愛くなっちゃったかな、と。

関:保志くんは今回のシリーズ始まってから、音響ディレクターのたかくわー(高桑さん)に、必ず「保志くん、今日はおとなしいね。昨日の収録現場だと大騒ぎしてたのに」って言われるのは、なぜ?

1 2 3次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。