体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何故かマスコミが報道しない、「奄美空港とバニラエア奄美便は、木島氏とのトラブル以前から障碍者対応を粛々と進めていた」という話。(ちくわブログ)

何故かマスコミが報道しない、「奄美空港とバニラエア奄美便は、木島氏とのトラブル以前から障碍者対応を粛々と進めていた」という話。

今回はちくわさんのブログ『ちくわブログ』からご寄稿いただきました。

何故かマスコミが報道しない、「奄美空港とバニラエア奄美便は、木島氏とのトラブル以前から障碍者対応を粛々と進めていた」という話。(ちくわブログ)

デマとは「虚偽の事実を伝える事」だけではなく、「意図的に必要な事実を隠す事」でもあるという話。

木島氏とバニラエアを巡る騒動に関しては、徐々にそのはしご外しが始まっています。

これはブコメ上や関連したTogetterまとめのコメント欄でも何度も訴えていますが、元々奄美空港はバリアフリー化が進められている真っ最中であり、日本で唯一対応が遅れている空港でした。一方、バニラエアが就航した2014年7月以降、利用客が増大して空港収益が上がった事で、ボーディングブリッジの増設、各階への多目的トイレの設置などを含む、急速なバリアフリー化への対応化が進められている真っ最中でした。

この事実は以下の記事で確認する事が出来ます。

奄美空港ターミナルビル 増改築工事 – 今日の記事 – 奄美新聞社*1

*1:「奄美空港ターミナルビル 増改築工事」2016年09月23日 『奄美新聞社』
http://amamishimbun.co.jp/index.php?QBlog-20160923-2

バニラエア 関西−奄美大島を新規開設 片道4,780円で行ける南国リゾートの魅力 : Nicheee! | ニッチー! | テレビリサーチ会社がお届けする情報サイト

*2:「バニラエア 関西-奄美大島を新規開設 片道4,780円で行ける南国リゾートの魅力」2017年01月15日 『Nicheee!』
http://www.nicheee.com/archives/2116619.html

それぞれの記事の日付を見ればわかりますが、(1)は2016年9月23日、(2)は2017年1月15日で、障碍者差別基本法の施行は2016年4月1日です。奄美空港とバニラエアは日本で最もバリアフリー化が遅れていた空港&国内線であるにも関わらず、同法施行後半年以内に努力義務を達成するための施策をすでに行い、実行していた事実が判ります。

ちなみに、奄美空港の増改築工事の落成予定は最速で2018年6月の予定です。それを「対応が遅い!」と詰るのは自由ですが、「合理的配慮がない!」「障碍者差別法違反だ!」と詰るのは明らかに現実・事実と比較して齟齬のある批判である事がお分かり頂けるのではないでしょうか。もし貴方が「努力を達成した後でなければ評価しない」というのであれば、それはまさに詮無い事です。

これが、例えば勝率の低い運ゲーやガチャであれば「結果を見るまで判らない」とする感覚は理解しないでもありません。しかし実際には、余程のトラブル*1が生じない限り、こうした工事や対応は(多少の遅延はあれど)そのまま達成しうるハズですから。

またバニラエア奄美便自体も元々2016年7月には昇降機を設置し、自力歩行不能な乗客への対応をまさに進めていた真っ最中でしたから、これを「合理的配慮がない!」「障碍者差別法違反だ!」と詰るのもまた同様に詮無い事です。

また、以下の記事では奄美空港に車椅子利用者が直接、車椅子に乗ったまま機体に乗り込めるようにするためのボーディングブリッジが1機しかなく、かつそれをJAL系列が事実上専有していたため、LCCであるバニラエアが使えなかった事実が書かれています。*3

*3:「バニラ・エアに事前連絡したが乗れなかった車いす女性」2017年06月30日 『まなナビ』
https://mananavi.com/%E3%83%90%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%81%AB%E4%BA%8B%E5%89%8D%E9%80%A3%E7%B5%A1%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8C%E4%B9%97%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%BB%8A%E3%81%84/

じつはPさんが車いすでの搭乗を断られた後、記者はバニラ・エアのカスタマー・サポートに連絡をとっている。それに対し、同社からはお詫びをされたうえで、客の希望時期の関西空港/奄美大島便は他社便との兼ね合いもあるため、奄美空港でのボーディングブリッジの使用ができないことが決定している旨の返答があった。同社としてはこれが不便であることは理解しつつも、今回の男性の件と同様に、オープンスポットでの階段を利用した搭乗・降機をお願いしていること、また、介助者が彼女を背負って階段を上ることは、安全上容認できないと判断していることについても記されていた。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。