体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今週公開のコワイ映画】2017/7/1号:ケヴィン・スミス監督『コンビニ・ウォーズ』、『地獄愛』『ハネムーン・キラーズ』ほか

今週公開のコワイ映画をご紹介します。

今週は、全く趣の異なる3部作の2部作目が同日公開!
まず一つ目はケヴィン・スミス監督のガールズ・ホラー・アクション『コンビニ・ウォーズ』。“トゥルー・ノース・トリロジー”というカナダを舞台にした3部作の2作目である今作は、前作のセイウチ人間改造ホラー『Mr.タスク』にちょびっと登場した、コンビニ店員の女子高生二人組が活躍する物語。女子高生がソーセージ頭のミニナチ軍団と壮絶バトルを繰り広げるというトンデモなストーリーながら、ジョニー・デップ一家が総出演。ちなみにジョニー・デップは前作でも演じたギー・ラポワント役の再演を熱望していたため、今回のオファーは内容も一切聞かずに快諾したそう。ケヴィン・スミス監督からの電話には必ずギー・ラポワントのしゃべり方で出るそうです。


そして、ベルギーを舞台にした“ベルギーの闇”3部作の2部作目、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督の『地獄愛』も公開に。こちらは『変態村』から連なる作品となっており、主演は同じくローラン・リュカ、どちらにも“グロリア”という女性が出て来るところが共通しています。『地獄愛』は1940年代に実在し、電気椅子で処刑されたカップル、レイモンド・フェルナンデスとマーサ・ベックをモデルにしたストーリー。ヴェルツ監督独特の、観る者の脳裏に焼き付く狂気の表現をぜひお楽しみください。

更に、『地獄愛』と同じ殺人鬼カップルを題材にしたカルトクラシック映画『ハネムーン・キラーズ』も同日にリバイバル上映。こちらのほうが実際の事件に近い内容となっており、本物のマーサ・ベックに風貌の近い女性が主演を努めています。

最後に、人間が人間を食らう捕食者“ハングリーズ”へと変貌する恐ろしい近未来を描く『ディストピア パンドラの少女』も公開に。ハングリーズに感染しながら人間らしい思考を持ったまま成長している“第二世代”の子どもたち。その中でも高い知能を誇る奇跡の少女メラニーが、人類存亡のカギを握ります!


1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。