体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「鏡を見るたびそっくりだと思っていたけど、まさか…」リークしたのは誰だ?突然告げられた出生の秘密……苦悩する14歳の若き帝 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

母の四十九日すぎに突然告げられた出生の秘密

藤壺の宮の四十九日も過ぎ、14歳の冷泉帝はここへ来て落ち込んだ日々を送っていました。葬儀や法要のバタバタが落ち着いた後、かえって悲しみが増してくる経験は、思い当たる人も多いのではないでしょうか。

その頃、帝のそばには1人の僧都(そうず)が仕えていました。歳は70歳くらい、藤壺の宮の母后の代から冷泉帝まで、親子3代に仕えている名僧です。宮はこの人を非常に信頼していたので、息子の帝も幼い頃からよく知っていて、即位後は大きな祈祷を任せたりしていました。冷泉帝にとっては爺やのような僧都です。

僧都は修行のため、山ごもりをしていたのですが、宮の死をきっかけに下山。源氏のすすめもあって、帝の側で夜のお祈りを勤める僧(夜居の僧)としてお側に付き添っていました。

ある日の静かな明け方、帝と僧都がふたりきりの時でした。僧都は咳き込みながら昔話のついでのように「まことに申し上げにくく、申し上げるとかえって罪に値することかとためらわれるのですが、陛下がご存知ないとますます大きな罪にあたると思われます。もしお知らせせずに私の命がつきましたなら、陛下からも仏様からもお咎めを蒙るかと……」。

言いかけて黙りこくる僧都。何が言いたいんだかサッパリわからない。帝も(何か不満があるのだろうか。聖職者というのは思いの外、欲が強くて嫉妬深いと聞いているが……)。14歳にしては老成している冷泉帝、思考もなかなか大人っぽいですね。

問いただす帝に僧都は、これは過去と未来に関わる重大な事だが、話すと桐壺院・藤壺の宮・源氏の大臣のために良くないのではと危ぶまれ、今までためらっていたと前置きします。

宮さまが陛下をご懐妊された時、深刻なお悩みを抱えておられ、私へご祈祷を命じられました。さらに、思いがけず源氏の君が須磨で隠棲なさった時も、宮さまは大変ご心配なさって重ねてご祈祷を命じられたのです。

源氏の君はこの件を聞いて事情を理解され、同様のご祈祷を仰せつけになりました。そしてそれは、陛下が御即位なさるまで続いたのです。その内容は……」

僧都は、帝の出生の秘密をすっかり話してしまいました。あーあ。歴史がひっくり返るようなことなのに…。衝撃の告白に、さまざまな感情が入り乱れ、絶句する14歳の少年。僧都はお返事がいただけないので(やはりご不快に思われたのだろうか)と、なにも言わずにそっと部屋を出ていこうとしました。

帝はようやっと「お待ちなさい。知らずに生きていたら、来世まで罪を負わねばならぬところだった。今の今まで言ってくれなかったのが恨めしい。この事を他に知る者はあるだろうか」。

いいえ、私と王命婦以外にはおりませぬ。だからこそ怖ろしいのです。天変地異が起こり、不穏な世の中であるのはこのためです。陛下がご成長され、分別がおつきになられた今、天が警告を発しています。何の罪かをご存知ないのが最も怖ろしい事と、思い切ってお話した次第です」。僧都は泣く泣く話すだけ話し、朝が来たので退出していきました。

衝撃の事実に打ちのめされ、突然引きこもる帝

帝は僧都の話から立ち直れません。今まで何の疑いももっていなかったのに、ある日突然「あなたの本当の親は別人だよ」と言われたら誰でもショックだと思いますが、思春期真っ盛りの多感な時期、この事実を聞くのは相当キツイはずです。

おまけに天変地異はそのせいだとか言われてしまい、帝は若い心に苦悩します。彼には何の責任もないのですが…。今まで父と思ってきた桐壺院にも申し訳ないし、実父の源氏が自分の臣下であるのもどうすればいいのか。あれこれ悶々とするうち、日も高くなってしまいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy