体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初公開! 奥多摩の隣にできた“源流醸造所”で作りたてクラフトビールを飲んできた!

6月上旬。梅雨入りしたというのに、連日晴れ間がのぞく日もある日本列島。早くも夏到来かと、仕事終わりにビールで喉を潤している方も多いのではないだろうか。最近ではクラフトビールやビアフェスなど、さまざまな形でビールを楽しむ機会は増えており、筆者も美味しいビールをもとめて出かけることもしばしば。今回は、あるクラフトビールメーカーが奥多摩の先に醸造所を作ったと聞いて、大人の遠足とばかりに、早速現地に足を運んでみた。

美味しいクラフトビールをもとめて奥多摩の先へ

新宿から約2時間をかけて、JR東日本青梅線の終点である奥多摩駅に到着。駅の近辺は山登りを楽しむ中高年や若いカップルで賑わう。さっそく駅の目の前にある西東京バスのバス停から“小菅の湯”行きのバスに乗車。

ほどなくして現れる奥多摩湖。バスはしばらく湖の周囲をなぞるように走る。湖面は日光に照らされてキラキラと輝き、空気もきれいで、ここが東京都とは思えないほどの大自然に囲まれた道を進む。

40分ほど乗車して、東京都と山梨県の県境を越え“池之尻”停留所で降車。今回お目当ての醸造所は、バス停からだいたい徒歩3~4分のところにある。 美味しいビールへの期待に喉が鳴る。

Far Yeast Brewing 初の自社醸造所

やってきたのは山梨県・小菅村にあるFar Yeast Brewing初の自社醸造所“源流醸造所”。この春に稼働を開始したばかりで、この日は一般初公開となる“ブルワリーオープンデイ”。醸造所内を見学できるツアーと、こちらで初仕込みされたクラフトビールが飲める貴重な機会。Far Yeast Brewingという社名にピンとこなくても、飲食店やイベントなどで、同社が出している『馨和 KAGUA』や『東京ホワイト』『東京ブロンド』などのクラフトビールを見かけたことがある方もいるのではないだろうか。

『馨和 KAGUA』はベルギーで製造されて日本へ輸入、『東京ホワイト』など『Far Yeastシリーズ』は国内の他醸造所で委託製造されていたが、今年創業5年目にして初の醸造所が完成し、このたびついに自社製造のクラフトビールが誕生した。

できたての『東京ホワイト』と『東京IPA』を試飲

醸造所の入り口で見学ツアー料金と引き換えにクラフトビール試飲券を受け取り中に入ると、そこには真新しい醸造設備が並んでいて、奥ではできたてのクラフトビールがサーブされていた。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会