ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

動画でラッパー&アイドル起用!? 航空連合が「空港で働く魅力発信プロジェクト」で就活生にアプローチ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kokurengo_01

空のお仕事といえば、パイロットやキャビン・アテンダント(CA)といった華やかな職種に脚光を浴びがちですが、飛行機を飛ばすためには駐機場から滑走路まで車両で牽引したり誘導したりするグランドハンドリングや、貨物を搬入するお仕事、さらには空港の受付で応対するグランドスタッフなど、さまざまな職種が存在します。

ANA・JAL各グループやホテル、全国約20ヶ所の空港・関連施設の54労働組合が加盟している航空連合では、そういった「空港で働く、誇り高き裏方たち」にスポットを当てた動画を作成。これにより、特に就活生に対してその存在をアピールしたいとしています。

働く空港あるある!?ソング 〜裏方編〜(Full ver.) – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=J8-WmcX58Yc [リンク]

航空連合の松岡浩治会長によると、訪日外国人旅行者が2016年に2400万人を突破し、2020年には4000万人という目標が観光庁から出されている現状があり、「現状の2~3倍の訪日外国人を空港で受け入れる必要がある。特に地方空港ではダイレクトに人材不足になる可能性がある」といい、労働組合とは異例ともいえる就職・採用活動へのアプローチを始めたとしています。

kokurengo_02

動画では、グランドハンドリング・グランドスタッフ・航空貨物にスポットを当てつつ、「プライベートでもついやってしまうあるある」として指差し確認や運転開始時のクラクションなどを自虐を交えて紹介。とりわけ「台風の日は全員が燃える」「飛び立つとき心から願う。戻ってくるなと」というあたりがエモい上に空港スタッフの誇りややりがいが伝わってきます。

松岡会長は動画の内容について「一人で飛行機は飛ばせないという内なる気持ちはスタッフ誰もが持っています。華やかな仕事ばかりでなくても、やりがいがある仕事であるということを伝えたかった」と話します。

kokurengo_03

2017年5月に公開された第二弾「空港を支えるプロ裏方に君もなれ」では、双子ラッパーP.O.Pとアイドルグループlyrical schoolのminanが軽やかなリリックに空港スタッフの仕事やその心意気を乗せて伝えています。

空港を支えるプロ裏方に君もなれ feat.P.O.P&minan(Full ver.) – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=5kRHwqKs9oM [リンク]

労働組合が採用活動の支援に乗り出すことに「各企業ではチャレンジできないことを積極的にやって、空港スタッフのことをより知って欲しかった」という松岡会長。「チームワークを大事にする仲間に来てもらいたい。入る前に深く考えすぎず、思い込みを捨てて来てほしい」と話します。

航空サービス調査会社Skytraxが毎年発表している『世界の空港ランキング(World Airport Awards)』でも羽田空港が2位、中部国際空港が7位にランクインするなど、国際的にも評価の高い日本の空港。それを支えるスタッフというお仕事の魅力が、この取り組みでより多くの人に伝わるのか注目されます。

空港の裏方お仕事図鑑2017(航空連合)
http://hataraku.jfaiu.gr.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。