体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Fiction Issue: Interview with Clint Woodside x Dan Monica about “Vineland”

Vineland_DanMonick_02
Dan Monick|no title|2017
(C)Dan Monick Courtesy of VOILLD, commune


6月初旬、中目黒のギャラリーVOILLDでLAの写真家による二人展“Vineland”が開催された。題材はLAの中でも異質な存在感を放つ街、サンフェルナンド・バレー。時が止まったような寂しさとアウトサイダーな雰囲気を持った街だ。
気持ちの赴くままに惹かれた対象を撮るということ。題材を最大に活かすためになにを優先するか。互いの視点を分け合い、理解しあうこと——この展示のために来日したふたりと話してみえてきたことは、モノづくりだけではなく、誰もが日々の生活において置き換えることができる“在り方”。
さらに、タイムラインのスピードで全てが流れていくかのような今日において、それぞれにインディペンデントな出版レーベルを運営するふたりに、LAの出版業界の現状からSNSとの向き合い方を聞いた。

——今回の展示プロジェクトが生まれた経緯を教えてください。なぜこのサンフェルナンド・バレーを題材に選んだんですか。

Dan「俺は田舎で育って、ロサンゼルスに移ってきて15年くらいになる。このサンフェルナンド・バレーには一瞬にして惹かれて、それからずっと惹かれ続けているんだ。ここは魅力的な場所とは言えないし、住人もあまりいい印象を与えるような感じじゃない。でも、だから惹かれてるのかも。人ってアウトサイダー(よそ者)に魅了されたりするじゃない? 俺は、ここで感じる独特な雰囲気に焦点を定めていたんだ。最初はこのヴァインランドという一つの通りを撮ろうというアイデアで何マイルも何マイルも車で走り続けたんだけど、大きすぎたんだよね(笑)」

Clint「そう、だから違う方法にしようとなったんだ(笑)。そもそも俺たちは、何か変わった場所を撮ろうなんて考えてなかったし、計画やアイデアも敢えて決めなかった。何か形があるものだったり、何かを完成させるような物質を探していたわけではなく、もっと本質的で精神的な何かを探していたんだよ。だから何かを撮るためや得るための行為より、ただその場所に足を運んで狩りに来たという感じがすごくよかったんだ」

——既存のLA像と違う場所を撮りたい気持ちもありましたか?

Clint「まぁ、今まで違う側面のLAはたくさん見せられてきたね」

Dan「でもサンフェルナンド・バレーはないな。ここはロサンゼルスの一部であるけれども、ロサンゼルスではないーーなんというか、双子みたいなものかもね。でも、ここにいる人たちは他に比べて信じられないくらい違う。お互いに良い印象を持っていないんだ。ロサンゼルスで育った人たちにサンフェルナンド・バレーのことを話すと必ずネガティヴな反応が返ってくる。みんな嫌いなんだよ」

Clint「ここはLAから孤立しているからね」

Dan「もちろんロサンゼルスとは繋がっているけど、『やったー! 休暇が取れたからここにドライヴに出かけよう!』ってことにはならないな。地理的にも、物理的にもロサンゼルスなんだけど、全く別の場所。例えば、Hollywood Hills やValleywood Hillsと言ってもいいかも。
この場所のことは歌の歌詞にも出てきたり、『Vallery Girl』を始めいくつかの映画にも出ているよ。別にみんなのロサンゼルス像を変えようとしているわけではない。ただ、俺たちはこの場所が持つ不思議な魅力を見せたいんだ。個人的にはかなり大好きな場所だし、ただシンプルにこの場所を見せたいだけなんだよ」

Vineland_Woodside_01
Clint Woodside|no title|2017

Vineland_Dan_02
(C)Dan Monick

——二人展ということで、どういう風に撮影し、セレクトして、ビジュアルトレーニングをしたんでしょうか。

Dan「俺はこの場所に何度も来たことがあるんだけど、Clintはほとんど来たことがない。でも二人とも似たような撮影をしているのが面白いよね。二人にはいろんな共通点があるけど、彼は俺と同じことを感じているんだなって、言語化できない不思議な感覚を覚えるよ。
俺たちはほとんど一緒に撮影をした。同じ被写体に目が向いたり、一人が見つけたものを二人で撮影したり、一人が最初に見落としたものをもう一人が撮る、最初に見落とした一人が戻って同じものを撮るーーなんだかお互いの審美眼が試されているような不思議な感覚を覚えたよ」

Clint「今回の撮影を通して、お互いへの理解や共有することの素晴らしさを学んだ。誰が撮ったからとか、誰が好きだからとか、そのようなことよりも良い作品を作っていこうということに集中した。この場所が持つ独特な雰囲気を表現することに重点を置いたんだ」

Dan「そう! 共通点がある俺たちだけれども、やはり挑戦でもあったと思うよ。俺は長い間あの場所に足を運んでいたけれども、まだどのように表現したら良いのか分からない。あの場所に数回しか足を運んだことがない人は、何が起こっているのかさえ全く理解出来ないと思うし」

Clint「俺は完全に観光客みたいな感じだし(笑)。街との関係は本当に全く違うけど、制作のスタート地点は確実に同じ場所からだったね。俺たちは、今回展示を深く理解してもらうためにこの写真集を作ったんだけど、それも『VINELAND(ヴァインランド)』というプロジェクトの一環で、展示をすることもそのプロジェクトのうちの1つなんだ」

Dan「展示はcommune(www.ccommunee.com) のミユキとの話から始まった。俺たちが日本で展示をしたいと言ったら、『じゃぁ、何の展示をするの?』って聞かれたんだ。色々と考えていたんだけど、ある日、このプロジェクトの撮影をしていてこれだ!って閃いた」

Clint「写真集に関しては、最初に二人で同じ数の写真を出すことに決めて、そこから選んだ。最終的に60枚の作品が必要だから30枚ずつに分けた。各ページをめくるごとに、サンフェルナンド・バレーを行き交うような感じにしたかったんだ。(写真集をめくりながら)これがDanの写真でここに郵便ポストが写ってるよね。そして、これが俺の写真。(Clintが写した郵便ポストを指差す。- 真ん中の見開きの状態で、左側にDan、右側にClint。同じ郵便ポストが違う角度からそれぞれの写真に写されている。)そう、俺たちは同じ場所を撮ったんだ。そして、このDanの写真と俺の写真が境目になっていて、前半がDanの作品、後半が俺の作品になっている。
それで、そのアイデアを今回の展示にも用いることにした。サンフェルナンド・バレーを行き交うような感じだよね。でもそれぞれの作品が分かるようにしようということになって、Danの方が背が高いから上の方へ、で、俺は下の方になった(笑)」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。