体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【マリオカートVR】クッパに迫られる恐怖味わったことある? ピーチやヨッシー4キャラに憑依・アイテムは3種類 甲羅を手で投げて友だちをクラッシュさせろ!

dsc_0092-2

バンダイナムコエンターテインメントが手がける国内最大級のVR施設『VR ZONE SHINJUKU』が、7月14日(金)に新宿のミラノ座跡地にオープン予定。体験できるVRアクティビティは『エヴァンゲリオン』や『ドラゴンボール』などさまざま! 一足先に『マリオカート』のVRクティビティを体験してきました!

dsc_0097-2

アミューズメント施設向けのアーケードゲーム『マリオカートアーケードグランプリ』を元に、新たにVRアクティビティとして開発。お馴染みのマリオカートがVRになると、どんな体験が待っているのか!

マリオカートの世界に自分が転送されたように入り込む

dsc_0078-2 dsc_0100-2

『マリオカートアーケードグランプリVR』用の操縦シートは4種類。マリオ、ルイージ、ピーチ姫、ヨッシーがあり、乗り込むと、対応カートのキャラクターへ変身。

dsc_0102-2

VRゴーグルにヘッドホンといった、いつものVRアクティビティの装備に加え、手の甲にも装備を装着。

dsc_0105-2

これで重要なアイテムを使うことができます。右がアクセル、左がブレーキ ハンドルを回して操縦するのは通常のアーケード版と同じ。

VRゴーグル越しに自分の手を見ると、白い大きな手袋をした丸みのある手が! ルイージの手になってる!!!

手を動かすと、その丸みのある白い手も同じ感覚で動き、早速自分がルイージになっていることを実感。そして、隣の友だちの方を向いて手を振れば、向こうからは“ルイージが手を振っている”ように見えるし、キャラクターに自分や友だちの動きが連動する様子は、まさに憑依しているかのよう。

「絶対ヨッシーそんな動きしないだろ……」って動きも、自分たちが中に入ればできてしまいそう。

プレイヤーが乗り込めるカートは4キャラクターですが、敵としてCPUのワリオとクッパも一緒にレースに参加してきます。

立ちふさがるクッパはめちゃくちゃデカイ! 隣に迫られるとかなりの威圧感!! 前を走られると本当に何もコースが見えない! クッパとワリオのコンボ邪魔すぎ!

1

さらに、巨大なパックンフラワーや恐怖のドッスンもコースに登場。マリオたちってかなり巨大なものたちと戦っていたんだな、と知ることができるのではないでしょうか。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会