ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

新潟駅前でおいしいお酒とこだわりのアゴ出汁ラーメンを楽しめる「浦咲」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:bbhotstp:20170610143934j:plain

新潟駅前でこだわりのラーメンとお酒を楽しめるお店

新潟駅前には、新潟ならではおいしいお酒やお米など、いろいろなおいしいものを提供しているお店が多々あります。

今回はそうしたお店の中から、シメにピッタリなおいしいラーメンを提供しているお店をご紹介したいと思います。

f:id:bbhotstp:20170610143855j:plain

お店の名前は「ラーメン浦咲」。

f:id:bbhotstp:20170610143916j:plain

ラーメンメニュー

f:id:bbhotstp:20170610143925j:plain

サイド、おつまみ、ドリンクメニュー

看板メニュー「焼あごラーメン塩」

こちらのお店の看板メニューはこの一杯です。

f:id:bbhotstp:20170610143934j:plain

▲焼あごラーメン塩(880円)+三味叉焼トッピング(300円)

メチャクチャ深みあふれるスープです!

うまい!!

あっさりとしたスープには強い魚介系のうま味がギッシリと詰まっています。

かといって魚臭さなどはなく、また、いろいろな味が複雑に詰まりながらも、きれいにバランスが取れた味に仕上がっています。

f:id:bbhotstp:20170610143943j:plain

そんな深みある味わいのスープを邪魔しない多加水細麺

追加トッピングのチャーシューは3種類がのっています。

f:id:bbhotstp:20170610143956j:plain

バラ肉のロールチャーシュー

f:id:bbhotstp:20170610144005j:plain

肩ロース

f:id:bbhotstp:20170610144014j:plain

トントロ

それぞれ、しっかりと味が染み込みつつ、肉のうま味もしっかりと残り、部位ごとの食感と味の違いも楽しめます。

f:id:bbhotstp:20170610144023j:plain

ワンタンも入っています。

お酒の後のシメのラーメンというと、あっさりサッパリなものをイメージされると思いますが、そうしたものとは明らかに一線を画す、こだわりの一杯となっています。

それでいて、お酒の後に食べてもサラっと食べられるというのが不思議です。

こだわりの一杯のおいしさの秘密とは!?

今回は、ラーメン通の舌を満足させつつ、シメにも最適という、二刀流的な「浦咲」の一杯のこだわりの秘密へと迫ってみました!

f:id:bbhotstp:20170610144034j:plain

基本となるスープは、ゲンコツ、鶏がら、モミジ、豚足などから、厚みある動物系出汁を抽出します。

あっさり清湯スープというと、コトコトじっくりと炊き上げるイメージがありますが、こちらのお店では他店と比較しても、かなり強めの火力で煮だしています。

このまま沸騰状態を続けると、スープは白く濁り、油が全体に行き渡っていくのですが、そうなる手前のギリギリのタイミングで火力を落としています。

こうした手法は、こだわりのあっさりスープを出すお店で使われるやり方ではあるのですが、「浦咲」の場合はかなり大胆に炊き込んでいます。

仕込みを見ていて、まだ弱めないのかと、見ているこちらがヒヤヒヤとするほどでした。

この辺りの見極めは経験によるものなのでしょうね。

f:id:bbhotstp:20170610144047j:plain

動物系をしっかりと炊き込み、火力を落としてから、カツオ厚削り節、干し貝柱、干しエビ、片口煮干し、香味野菜、フルーツなどを追加していきます。

こうした基本スープの他に、アゴ出汁を別取りで仕込みます。

「浦咲」では3種のアゴを使用しています。

f:id:bbhotstp:20170610144058j:plain

焼きアゴと、長崎産と兵庫産の干しアゴ

その時々により、さまざまな産地のものの中から厳選し使用しているそうです。

複数の素材を使う理由としては、味に深みを持たせる以外に、ブレを防ぐためとのこと。

海産物は季節や状況などにより、出汁の出方が違ったりするので、一種類のみを使用していると、その影響をモロに受ける時があるのだとか。

そうした経験から、いろいろな仕入れルートから状態の良いものを厳選し使用しているそうです。

f:id:bbhotstp:20170610144107j:plain

3種のアゴは、鶏系素材とともに煮込んでいます。

大抵、2種のスープを用いたWスープの場合、動物系スープと魚介スープといったようにハッキリと分ける事が多いのですが、こちらのお店では前述の基本スープは他のメニューにも用いており、その基本スープとブレンドした時に、最適なバランスとなるように、うま味の配分を調節しています。

また、このようにする事で湧き上がる鶏油に、アゴ風味を加える事も出来ます。

f:id:bbhotstp:20170610144117j:plain

出来上がったアゴスープは、鮮度を保つために流水により急冷します。

f:id:bbhotstp:20170610144129j:plain

そして、営業時は常に加熱するのではなく、提供分を手鍋で温めるスタイルをとる事で、スープの劣化を抑えています。

f:id:bbhotstp:20170610144138j:plain

丼に油とたれを入れる店主

f:id:bbhotstp:20170610144152j:plain

そして、そこに黄金の清湯スープを注ぎ入れます。

f:id:bbhotstp:20170610144209j:plain f:id:bbhotstp:20170610144317j:plain

そこにゆであがった麺を投入

そうして出来上がる至極の一杯!

f:id:bbhotstp:20170610144227j:plain

▲焼あごラーメン塩(880円)

新潟ならではの地酒も提供!

このように、こだわりの逸品を提供してくれている「浦咲」ですが、飲んだ後に訪れるシメとしてだけでなく、おいしいお酒も飲む事が出来ます。

f:id:bbhotstp:20170610144348j:plain

新潟清酒飲みくらべ

f:id:bbhotstp:20170610144402j:plain f:id:bbhotstp:20170610144340j:plain

新潟の地酒の数々

そうしたお酒とともに楽しめるおつまみメニューなども!

f:id:bbhotstp:20170610144411j:plain

▲おつまみ盛り合わせ(450円)

f:id:bbhotstp:20170610144422j:plain

日本酒だけでなく、ビールのおつまみとしてもピッタリです。

そして、おすすめサイドメニューがこちら!

f:id:bbhotstp:20170610144427j:plain

▲チャむすび(210円)

チャーシュー入りのおむすびです。

ラーメンのサイドメニューとしてピッタリの一品ですが、お酒のおつまみ、シメの品としても最適です。

各種ラーメンメニュー

他にも、おいしいラーメン各種を提供しています。

f:id:bbhotstp:20170610144437j:plain

▲焼あごラーメン醤油(880円)

f:id:bbhotstp:20170610144445j:plain

▲南蛮海老ラーメン(850円)

f:id:bbhotstp:20170610144506j:plain

こうした数々のこだわりメニューを提供してくれる、原田店主

前掛けに書かれた「金剛」とは、店主のご実家がかつて営んでこられた酒蔵の屋号とのこと。

「浦咲」は当初、夜営業のみのお店でしたが、「金剛」の何ちなみ「こんごう」という名で昼の二毛作営業をしています。

「こんごう」で提供している一杯がこちら!

f:id:bbhotstp:20170610144453j:plain

▲焼あご鶏白湯ラーメン(880円)

アゴと鶏のうま味を存分に楽しめる一杯となっています。

ご実家の屋号をつけるほどの思いを持って作られた一品は、必食の価値ありかと!

昼夜ともにおいしいラーメンを提供し、ラーメン通の舌をうならせつつも、夜の新潟駅前でお酒を楽しめるといったように、いろんな楽しみ方が出来る「浦咲」。

新潟におこしの際は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

きっと、舌もお腹も、そして心も満たされるはずです。

お店情報

ラーメン浦咲 新潟駅前店

住所:新潟県新潟市中央区東大通1-5-7

電話番号:025-247-2205

営業時間:11:30~14:30、18:00~翌3:00

定休日:不定休(昼営業は月曜日休み)

www.hotpepper.jp

※この記事は2017年6月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:新潟ラーメン.com

新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/ Facebook:https://www.facebook.com/niigataramencom/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

年中フルーツ狩りを楽しめる! 鮮度最高な果物のおいしさを堪能出来る「白根グレープガーデン」【新潟】
煮干し香るトロトロ濃厚スープ「極にぼ」 「中華そば 石黒」が放つ至極の一杯!
とどまる事をしらないラーメンへの情熱から生まれる一杯! 新潟県三条市「ののや」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。