体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『コカ・コーラ/コカ・コーラ ゼロ コールドサインボトル』は何度でキン冷えとなり、ラベルの色が変わるのか

キンキンに冷えたビールというのはよく聞くが、コーラに関してはそれほどの認識はないのが現状。ろくに冷えていなくても、氷を入れればごまかしが効くと思っている人も多い。そんな状況に風穴を開けるために『コカ・コーラ/コカ・コーラ ゼロ コールドサインボトル』はラベルの色でキン冷え具合を判別できるようにした。一体何度で変化するのだろうか。

10度以下でラベルカラーが変化。これでもうぬるいコーラを飲まずに済むのだが、キン冷えかと言われると…

 

最近はビール系商品などでも採用されることも多い、冷えることによってラベルの色が変わるパッケージ。ただ清涼飲料水ではこの手の商品は見たことがない。コーラ・ファンの記者としては、コカ・コーラシステム『コカ・コーラ/コカ・コーラ ゼロ コールドサインボトル』(500mlペットボトル・希望小売価格 税抜140円・2017年6月19日発売)は、コーラをしっかり美味しく飲むための正統的な変化だと思う。

では実際に何度で変化するのだろうか。

保冷剤と水を入れたクーラーボックスで試してみると、10度が目安のようだ。約25分でラベルの変化を確認できた。

白っぽい氷のシルエットに、青い氷のイラストが浮かび上がる。もちろん冷蔵庫でも同じで30分ちょっとで変化した。ただいつ変わるか、しょっちゅう開け閉めしていたので、庫内温度も上がっていたはずなので、およその値である。ラベルを確認、これによって、少なくとも10度以上のぬるい状態でコーラを飲まなくて済む。この通り、その差は一目瞭然。

ただ正直に言うと、10度で”キンキンに冷えた”状態と言えるのだろうか…。

 

 

ではなぜペットボトルに採用されたのか。それは熱伝導効率が悪いから。コミックマーケットや人気アーティスト公演直前のライブハウス周辺など、短時間に商品が補充されて売れていく状況のコンビニエンスストアなどで、冷蔵庫から出したはずのコーラが、飲んでみると「ぬるい!」となった経験は誰しもあるのではないだろうか。

そう、ペットボトルは缶に比べると圧倒的に冷え方が遅い。表面は冷えているようでいて、中身までは冷えていないことが多いのだ。大容量のペットボトルになればなるほどその傾向は顕著になる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会