ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

脳波と心拍を同時測定してストレスを可視化! ガジェット「BRAINNO」はアプリでリラックス促進も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
fullsizeoutput_2b33仕事や人間関係、交通渋滞などさまざまな要因でストレスを抱えがちな現代。しかし、ストレスを感じているということに自分自身が意外と気づいていなかったりする。

このほどクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した「BRAINNO」は、そうした現代人のためのガジェットだ。脳波と心拍を測定してストレスを“見える化”し、アプリでリラックスを促す音楽や気分転換用のゲーム、絵画を展開して心身の健康をサポートしてくれる。

fullsizeoutput_2b35・3つのセンサーが脳波を測定

BRAINNOは耳掛け式のイヤホンのような形状。脳波用3つ、心拍用1つの計4つのセンサーを内蔵し、測定したデータはBluetoothでアプリに送られる。

アプリでは脳波や心拍の状態をリアルタイムにチェックでき、例えばベータ波が現れていると「ストレスを感じている状態」であることがわかる。

・集中力アップのコーチングも

BRAINNOでは、そうしたストレスの有無などを確認できるだけでなく、ストレスを緩和するためのツールが用意されているのもポイントだ。

fullsizeoutput_2b37たとえば、ストレスが強くなってくるとリラックスさせてくれるようなクラシック音楽が自動でかかる。また、アプリでは集中力を高めたり、ストレスを軽減したりするためのコーチングも。脳トレ用のゲームや瞑想コースなども用意されている。

実際に使ってみないと自分のストレス緩和に効果があるかどうかはわからないが、少なくともストレスを可視化するというのは日々の自己管理に役立ちそう。

Indiegogoでは現在、BRAINNOとアプリのセットが130ドル(約1万4000円)〜となっている。出資は7月6日まで受け付ける。

BRAINNO/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。