体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【40代男の就職】フリー歴17年!裏社会ライターは世間に受け入れられるか?

この写真をご覧になって、お察しの通り、この男は筋金入りのバカである。
丸野裕行、40歳―。裏社会ライター、犯罪ジャーナリストを名乗って、早17年になる。

まさか迎えるとは夢にも思っていなかったミドル世代になった途端、
頭の中は悩みや不安ばかり…。

「はたしてこのままでいいのか?」
「ローンも組むことができない根無し草の人生なんて想像もしなかった…」
「同級生はもう持ち家を持っている…」「母の老後の面倒を看られるだろうか…」
おい中島、空き地で野球やろうぜ!
などと、深夜に寝付いた幼子と妻の顔を眺めながら先々の心配事ばかりが頭をぐるぐる…。

「丸野さんって稼いでいるでしょ?」
「心配ないじゃないですか!」って、何回、周囲の人間から言われたことか…。

そんなわけありゃしない!大酒飲みで暴れん坊、そのうえインドア派で
最近写経をはじめてみようかなぁと本気で思っているそんな旦那に、
丸野家の台所事情は火の車

有名な雑誌に寄稿しようが、会社を持って電子書籍で本を出そうが、映画をやろうが、
やっぱりコワいフリーの生活。
私だって、住宅ローンくらい組んで、10坪くらいの小さなおうちが欲しいのですよ。
猫の額ほどの小さなお庭でパンジーくらいは植えたいのですよ!

かつて日本の転職市場では「35歳転職限界説」がささやかれていたのだが、最近では30代後半から40代の社会人経験豊富なミドル層への注目度が、中小企業やベンチャー企業を中心に高まっているそうだ。40代に入っても、まだまだやれる!そして、この裏社会ライターにも希望は残っているはずだ。

そんなこんなで『ガジェット通信』で連載を持たせてもらいましたが、
裏社会ライターという肩書を持つ私・丸野裕行は、
しっかり真面目に就職活動をはじめてみた!

狙うは、ライター職か、広報職

理想は、映画なんかの宣伝などもやっていたから、広報担当者か、長年やっているWebライター。
ちょっとマイ〇ビ転職の特集記事で予習してみたのだが、40代の転職で企業が求めているのは、営業職、人事、マーケティング、技術職などあればその道のプロ高い専門性を持った人材だそうだ。ここで、職種を変更するには40代ではやはり遅い。自分自身が今まで積み重ねた経験と実績を100%生かした転職をしてやろうじゃないの!
ハロワでも、人材紹介でもいい! とにかくそこへリハビリなよちよち歩き状態で、挑んでみようじゃないの!

とにかく、アレだ、あの~履歴書! 履歴書の写真を撮ってやろうじゃないの!
ということで、履歴書用の証明写真を撮ってみることにした。

正直な話、履歴書の写真というのは、どのようなものがベストなのだろうか?
潔感があるとかないとか、誠実な感じが醸し出せているか出せていないかだとか、爽やかか爽やかじゃないとか…。とにかく、何が正解かわからないので、自宅でこんな感じなのかどうかをデジカメ自撮りテストしてみた。

まずは1枚目。そして、2枚目。
う~ん…。

まぁこんな感じだろうか、ま、まぁ~~~~~、、、
結構……、さっ、爽やかさん……、じゃないか、、、、、
我ながら顔が引き攣る…

どうせこんな顔だ! 爽やかにしようがない! 
とにかく、自撮りのデジカメでは埒があかん。

そこで、スーツ近所のスーパー前に設置してある証明写真機を目指した。
その機械には、なんと今時の美白加工機能が付いているらしく、
なんだか男40にして、世の中に置いてきぼりを食った感じだ!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。