ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

見てるこっちがカーッと赤面するSNSまとめ(2017年初夏)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
赤面

毎日怒涛のごとく写真、リンク、ぼやきにポエムがアップされ続けているSNS。

有益な情報や楽しいつながりがあれば、イラっとしたら「それなんでアップした?」と思わず疑問に思ってしまう投稿も。“イラっとする”ともまた違う、見ているこちらがなぜかカーッと赤面してしまうこと、皆さんもないだろうか? 今回はそんな赤面SNSの数々を筆者の友人・編集部スタッフの声をもとにまとめてみた。

■「昔の写真出てきた〜」って頻繁にアップする人

帰省タイミングで母親がガサゴソ昔の写真を出してきたり、結婚式の準備にむけて集めている場合など本当に「出てくる」こともあるだろうが、大概の場合偶然じゃなくて探している。

■女子の「今日はすごく成長できる出来事があった。パワーに圧倒されるっていうのはこういうことをいうんだな」みたいな思わせぶり投稿からの、友人の「次の土曜日に聞かせてね♡」コメントの仲良しアピールコンボ

多くの場合空の写真とセットである。

■「#空」「#夜空」「#今日の空」で意味深だけど中身の無いポエム

SNS女子から空を切り離すことは不可能である。

■自撮りが目線外しの人

自撮りはキメ顔であれ! 目線外しの「自然体な自分」を自撮りで何回も撮り直しているのは逆に一番恥ずかしい。

■自撮りおじさん

若い女子と自撮り2大巨頭であるといっても過言では無い。鏡越しショット多し。

■なぜ人は空港のラウンジでカレーとビールの写真をアップせずにはいられないのか

「行ってきます。」だけ添えた投稿に「えーどこいくの〜?」「お土産話聞かせてね♡」コメントのコンボ。

■昼はリア充、夜はメンヘラ

投稿の差にこちらのテンションがついていけない。

■ファッション系インスタグラマーのスマホで顔隠しポーズが無理な姿勢すぎてジョジョみたいになっている時がある

頑なに顔は見せない、でも服は見て!の精神。

■「#おしゃれさんと繋がりたい」

今、最も意地悪心をくすぐるハッシュタグである(筆者調べ)。

※画像は「いらすとやさん」より引用。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
プラムの記事一覧をみる ▶
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。