体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「実は、我が家は源氏のお大臣といささかつながりがあってね…」源氏が愛した女たちのシェアハウスが完成!二条東院が完成!!頑固オヤジに学ぶ、正しい忖度~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

源氏が愛した女たちのシェアハウスが完成!

源氏が自宅の二条院の近くに立てた、二条東院がついに完成しました。ここは源氏が愛した女性たちのシェアハウスで、寝殿と北・東・西の対(棟)に分かれています。寝殿は源氏専用のスペースで、ひとりでゴロゴロしたり、客間としても使えるような作りです。

北の対は特に広く、中は細かい仕切りのある設計。ここに住むのは末摘花空蝉。源氏の若い日に一晩だけの関係を持った空蝉とは、源氏帰京後にやり取りが復活。彼女は夫に先立たれたあと、以前から気のあった継息子に言い寄られたのを苦に出家したところを引き取られたのです。源氏にとってはいろいろと忘れられない女性だけに、どうしても連れてきたかったのでしょう。

西の対の主は花散里です。もともと古く荒れた家で暮らしており、塀が壊れたりして大変でしたが、これからはそんなこともないように、執事などもしっかり手配してあります。複数で暮らすように作られている北の対に比べ、ここは花散里だけ。かなり優遇されています。

残る東の対は明石とちい姫用です。源氏は早く逢いたいために、最近は「いつこちらに来るの、早く上京して欲しい」とそればかり書いて送っているのですが、明石からはいい返事が来ないのが気がかりでした。

明石の君は悩んでいました。「都の高貴なお姫様たちでさえ、愛されるでも別れるでもない扱いを受けて、却って悩みを深めていらっしゃるとか。お声がかかったからといって、私がどれほどの人間だというの。それこそ、姫の母親は田舎者だと晒すようなもの」。

源氏は自分から別れを切り出さず、一度でも関係した女性を捨てられない性分です。二条東院は、紫の上ほど大事にはできないが、見捨てることもできない女性たちをまとめておく場所。

源氏は来い来いというが、上京したところで二条東院のメンバー同様、中途半端な扱いを受け、結局はみじめな立場になるのではないか?何より、京の人間に田舎者と見下されたりするのはたまらない。源氏は良かれと思ってそうしたのですが、往来の煮えきらなさがここへ来て、明石の君をためらわせているのは皮肉です。

一方で母親として「ちい姫はどうあっても源氏の娘として育てないと、これ以上田舎育ちにはさせられない。自分はともかく姫のために行かなければ」。ちい姫はもう3歳、物心つく前に上京させたいと焦る気持ちもあります。それでも、なかなか決心がつきません。

苦悩する娘を見て、両親はいろいろ考えました。田舎から一足飛びに京に行くのは不安なのは当然、京の近くで、気兼ねなく暮らせるような場所はないだろうか?……いろいろ思い当たった所、明石の君の母の祖父、中務宮という方の持っていた別荘が大堰川(おおいがわ)の辺りにあることを思い出します。「そうだ、あそこに移ればいい!」。

「うちは大臣とつながりがあってね…」入道に学ぶ、正しい忖度

京を流れる桂川は、エリアによって呼び名が変わる川で、大堰川は桂川の上流を指します。今だと観光スポットで有名な『渡月橋』辺りのイメージでしょうか、昔から風光明媚なリゾート地で、貴族もお寺や別荘を持っていました。

別荘は長い間、相続人もないまま放ったらかし。かなり荒れているはずなのでこのままでは引っ越せない。入道は修理を頼むため、留守を頼んでいた男を呼び出します。「ちょっと訳があって、京の住まいが入用になった。でも市中でなく、あの別荘のような静かな所がいいのだ。悪いが住めるように修繕してくれないか」。

「はあ、わしらは下屋に住んどりますが、別荘の方はひどく荒れてましてねえ。しかも最近は源氏の大臣様が近所に御堂をお立てになるとかで、工事の人もたくさん来ていてうるさいですよ。静かな所がよろしければ、ちょっと…」「いやいや、そこはいいんだよ。というのも、源氏の大臣ともいささかつながりがあって、その事で上京するんでね。他のこともおいおい都合するが、まずは急ぎで住めるようにしてくれ」。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy