体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鉄拳7発売!原田Pが語る「今回ですべてが決着。初見でも楽しめる工夫を凝らした」

2017年6月1日に鉄拳7が発売。これを盛り上げるため、『e-sports SQUARE AKIHABARA』にて『e-sports TEKKEN BAR』が期間限定で開催された。ここにサブカルライター・モトタキが突撃。名誉店長オカダ・カズチカ選手や原田プロデューサーへのインタビューに成功した。

鉄拳7についてのアレコレをお伝えする。

鉄拳7では「長く続いた親子喧嘩に決着」

鉄拳7は1994年に第1作が発売されたロングシリーズ。この度、家庭版が発売された。第1作から続く三島平八と三島一八の世界を巻き込んだ親子喧嘩が決着する。

原田プロデューサー
「もはや孫の代まで巻き込んできた一族の闘争。その発端であり、今まで明かされなかった親子喧嘩の原因も明かされる。そして決着もする。今までの長く続いた因縁が終わりを迎える。豪鬼もストーリーに深く関わってくる。これで一区切り。

初見であっても楽しめるように工夫を用意した。

まずはギャラリーの存在。今までの作品で語られてきた物語が全て詰まっている。6時間を超える映像は見ごたえばっちり。鉄拳を知らなかった人でも今作品だけで完結して鉄拳全てを楽しむことができる。

今回は格闘ゲームが苦手な人でもストーリーを楽しめるような工夫がある。コマンドを入力しなくとも、ボタンひとつひとつに必殺技を設定したモードがある。それでも勝てないひとの為に、更なる初心者向けモードもある。

より観ていて楽しめる工夫も仕込んだ。体力ゲージが少ない状態で同時に必殺技を繰り広げるとスローモーションになる。格闘技でフィニッシュの瞬間がスローモーションになる演出があるが、あれがリアルタイムで繰り広げられる。これが見ている側も盛り上がる」

『e-sports TEKKEN BAR』オープニングイベント

5月29日から31日の期間限定で『e-sports TEKKEN BAR』がオープン。店内では鉄拳7を先駆けて遊ぶことができるようになっていた。プロゲーマーとのバトルに挑戦も用意された。遊んで楽しめる、だけでなく見て楽しめるイベントを目指した。

名誉店長にはプロレスラーのオカダ・カズチカ選手が就任。鉄拳7のキャラクターのキングはカズチカ選手とコラボしたコスチュームがあり、カズチカ選手の決め技「レインメーカー」を繰り出すことができる。

レインメーカーは相手の腕を掴んで離さず、引き寄せてショートレンジなラリアットを打ち込む必殺技だ。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。