ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの人は誰と仲良し?Twitterのリプライ相手を可視化する『Twi-Lin』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

twilin top log

Twitterで気になるあの人は、いったい誰と仲良しなのだろう。そう思ったときに便利なのが今回紹介する『Twi-Lin』というWebサイトです。

Twi-Lin
http://twi-lin.com/

多くの人はTwitterで仲良しの人とはよくリプライを送りあっていると思います。それならTwitterで気になる人がリプライを送ったアカウントを可視化してみたら、気になる人と仲が良い人がわかるかもしれません。それを実際に可視化してくれるのが、“最近リプライを送っったユーザーのつながりを可視化”するWebサイト『Twi-Lin』です。

使い方は、『Twi-Lin』に気になるアカウントのTwitterIDを入力し「Check!」をクリックします。あとは表示されたアイコンをシングルクリックしていくだけです。最近リプライを送った相手が線でつながれて表示されます。さらに表示されたアカウントのアイコンをクリックすると、同じようにクリックしたアカウントが最近リプライを送った相手が表示されていくという仕組みです。“つながりをツイートする”をクリックすると、完成した図のキャプチャーが自動でtwitpicに投稿されキャプチャー画像をTwitterに投稿できます。(3月23日現在では、“つながりをツイートする”をクリックしたら時点でtwitpicにキャプチャー画像がアップロードされるので注意が必要です)

アイコンの位置はマウスで自由に変更ができ、アイコンをダブルクリックするとダブルクリックしたアカウントのTwitterページが開きます。アカウントを結ぶ線が太いほど多くリプライを送っていることを表しているため、多くリプライ送っているアカウントも一目で分かります。リプライ関係図をリセットしたいときは、“Check!”をクリックすると最初の状態に戻ります。最近のリプライ情報を利用しているので使うタイミングによって表示される図は変わってきます。鍵付きのアカウントだとリプライ情報が取得できないため、リプライ先のアカウントは表示されません。

『Twi-Lin』は公開されたばかりなため不安定なところが少しありますが、フォローやフォロワー情報ではなくリプライ情報を使っているため、最近交流ある人を知るには便利なWebサイトです。気になるTwitterアカウントがある人はぜひお試しください。

猫目の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://necome.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。