ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

時間を確認&周囲の人に携帯で助けを求める 痴漢にあった時の対応マンガが冷静で賢い

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、ガジェット通信では『Twitter』のユーザーによる痴漢冤罪に遭った男性の話を紹介。「名誉毀損で訴える」との一言に相手が沈黙したというエピソードは、そのスマートな対応に賞賛の声が寄せられていました。

痴漢冤罪の対処法として有効!? 「名誉毀損で訴える」の一言で相手沈黙
http://getnews.jp/archives/1745715 [リンク]

一方で2016年の迷惑防止条例違反の件数は約1800件。そのうち52.7%は電車内、駅では19.4%となっており、被害者がいることも確かです。
そんな中、ある『Twitter』ユーザーが「昔、痴漢にあった時の話」として漫画をツイート。さまざまな反響が寄せられています。


このユーザーに手の甲で太ももを触ってきたという痴漢。携帯電話を見て時間を確認したことが、後の事情聴取で役立ったとのこと。「冤罪だったらどうしよう」という気持ちもありつつ、「そもそも本当に痴漢が多いのが悪い」と思い直し、警察に突き出すことを決意。携帯に「すいません、私の後ろの人痴漢か見てもらえないでしょうか」と打ち、第三者に助けを求めることに。


「助けてくれるだろうか」と勇気を振り絞って第三者の男性に見せると、その人は首肯。そこで腕を掴んで「痴漢は犯罪だぞ」と捕まえると、相手は否定。すかさず携帯を見せた人が「私もこの目で確認した。キミは確かに痴漢行為をしていた」と声を上げると、数人のサラリーマンが痴漢を囲み、ユーザーから引き離します。誰かが車掌にも連絡して、痴漢は次の駅で連行。ユーザーとは二度と会うことはなかったそうです。


その後の事情聴取は3時間に及び、さらに細かく聞かれるために「嫌なことを思い出すのは精神的にきつい」と振り返ります。その後、痴漢側の弁護士と2回会って示談が成立し、「バイト1ヶ月分より多い金額」が振り込まれたとのこと。

このユーザーの行動には、「賢い方法」「勇気ある」といった反応が多く上がっており、とりわけ携帯に打った文章を第三者に見せるということについて「これなら冤罪かどうかもわかる」「第三者を味方にするのが良い」といった賞賛の声が見られました。また、「冤罪はだめだが、実際の痴漢は制裁されてほしい」「女性専用車両をもっと増やすべき」という意見も。実際に痴漢にあったことがある人からは、「自分の場合はどうすればわからなかった」「絶対に勝てる気のしない体格の人に触られるのは恐怖」といった体験談も寄せられていました。

実際の痴漢だとしても、冤罪だとしても対処が難しいこの問題。ラッシュ時に電車に乗るという人は、普段から対処法を知っておくことが必要なのではないでしょうか。

『昔、痴漢にあった時の話』の実録漫画に様々な反響「素晴らしい勇気」「こういうのが正しいやり方」(Togetterまとめ)
https://togetter.com/li/1113505 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。