体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハイエンド機はHDR映像の再生と788Mbpsの高速通信に対応 スマートフォン7機種とタブレット1機種が発表されたドコモ2017年夏モデル発表会レポート

ハイエンド機はHDR映像の再生と788Mbpsの高速通信に対応 スマートフォン7機種とタブレット1機種が発表されたドコモ2017年夏モデル発表会レポート

NTTドコモは5月24日、『NTTドコモ 2017夏 新サービス・新製品発表会』を開催。スマートフォン7機種とタブレット1機種、関連サービスを発表しました。レポートをお届けします。

『Xperia』『Galaxy』『AQUOS』はHDRと高速通信に対応

docomo170524_2 docomo170524_3

発表会にはNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏が登壇。新端末のトピックとして「4K HDR動画再生への対応」と「受信時最大788Mbpsに対応」の2点を挙げ、対応機種を発表していきます。HDR(High Dynamic Range)は、幅広いダイナミックレンジで映像を記録し、鮮明で色彩豊かな映像再生を実現。ドコモのSVODサービス『dTV』でも期間限定で5タイトルの4K HDR映画を配信します。788Mbpsの高速通信は、東名阪の一部エリアで開始、対応端末では8月のソフトウェアアップデートで利用可能になります。

docomo170524_4

最初に、『MWC2017』で発表されたソニーモバイルの『Xperia XZ Premium SO-04J』と『Xperia XZs SO-03J』を発表。『Xperia XZ Premium』は唯一4K HDRに対応し、さらに788Mbpsの高速通信に対応。日本ではドコモからのみ販売されます。

docomo170524_5

両機種とも、960fpsのスーパースローモーション動画の撮影に対応。撮影例が披露されました。

docomo170524_6 docomo170524_7

『Xperia XZ Premium』は、OSにAndroid 7.1、約5.5インチ 3480×2160ドットディスプレー、2.45GHz+1.9GHzオクタコアCPU、4GB RAMと64GB内蔵メモリー、1920万画素カメラ、3230mAhバッテリー、USB Type-C端子を搭載。防水・防じん、ワンセグ・フルセグに対応します。本体サイズは約156×77×7.9mm、重量は約191g。本体カラーはDeepsea Black/Luminous Chrome。6月中旬に発売を予定。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。