体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

皮ごと料理できる!新じゃがいもをおいしく味わうコツ

皮ごと料理できる!新じゃがいもをおいしく味わうコツ

春から夏の間に旬を迎える新じゃがいも。みずみずしくて甘みがあり、皮ごと食べられるのも新じゃがいもならでは。そこで今回は、料理研究家の高城順子先生に新じゃがいもをおいしく味わう調理のコツを教えていただきました。

新じゃがいもの基本の調理法

新じゃがいもは水分を多く含んでいるのが特徴。また、皮が薄くやわらかいので、皮つきのまま調理できます。水洗いするときは、強くこすると皮がむけてしまうので、タワシやブラシを軽く当てて、表面の汚れを落とします。
小粒のものなら、丸ごと茹でましょう。ラップで包み、電子レンジで加熱してもOKです(加熱時間は大きさによって異なるので、途中で竹串を刺して様子を見ながら加熱してください)。

新じゃがいもの基本の調理法

新じゃがいもの基本の茹で方

水っぽくなりすぎるのを防ぐため、皮つきのまま茹でるのがおすすめ。皮を食べない場合も、茹でてからむくようにしましょう。

新じゃがいもに向く料理、不向きな料理とは?

新じゃがいもは比較的小粒なものが多いため、じゃがバターや揚げ煮など、丸ごと調理するおかずにぴったり。細切りにしても、水分が多いので加熱中に形が崩れにくく、肉や野菜と炒めるのにも向いています。

型崩れしにくいメリットがある反面、味がしみにくいので、カレーや肉じゃがなどの煮込み料理にはおすすめしません。また、通年で出回っている貯蔵じゃがいもに比べてデンプン質が少なめなので、コロッケやポテトサラダにも不向き。ホクホク感が弱く、水っぽくなってしまいます。

食感別!新じゃがいものおいしい食べ方

1. 丸ごと茹でて濃い味と合わせる

皮つきのまま丸ごと茹でたら、しっとり、ほっくりした食感を熱いうちに味わいたいもの。コクが少ないので、味の濃いものと組み合わせるのがポイントです。相性が良いのは、バターのほか、クリームチーズ、イカの塩辛、明太子、キムチ&ごま油など。シンプルながら一皿で満足できるおかずになります。茹でたてを半分に切って、彩りよくトッピングすれば、オードブル風に!

食感別!新じゃがいものおいしい食べ方

2. せん切りにしてサッと火を通す

せん切りや細切りにして水にさらせば、サクサク、シャキシャキとした歯ごたえに。生で食べてもOKですが、ソテーや中華炒めにしたり、サッと湯がいてなますやナムルにしたりと、新じゃがいもでしか味わえない食感を活かした料理ができます。大きな粒のものを使うと、長さがあって扱いやすいでしょう。

食感別!新じゃがいものおいしい食べ方

3. 茹でてから油でコーティングする

小粒の新じゃがいもを丸ごと茹でた後、油でコーティングして調理すれば、表面はカリッ、中はホクッ。2つの食感が引き立ちます。マッシュルームやたこと合わせてアヒージョに、丸揚げして甘辛煮にと、和洋を問わず幅広く活用できます。

食感別!新じゃがいものおいしい食べ方

4. 潰して粘りを出す

1 2次のページ
VEGEDAY powerd by KAGOMEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。