体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『美女と野獣』ルミエール役・成河(そんは)インタビュー「しぶとく粘り強い」ディズニーのアフレコへの驚きと感動

dd-1026-2

現在上映中の映画『美女と野獣』。4月21日の公開から、5月17日(水)までに、動員593万1,500名、興行収入82億9,800万円を記録し、新規公開作を抑え4週連続№1を達成し、大ヒットを記録しています。

本作のファンは、字幕版、プレミアム吹替版を両方楽しむ人が非常に多く(時には字幕、吹替えと繰り返し観る方も!)、プレミアム吹替版の完成度の高さも見所の一つ。特にルミエール役を演じた成河(そんは)さんの演技は「最高すぎる!」「歌もお芝居も素晴らしい」「成河さんのルミエール大好き」と大きな話題に。

今回ガジェット通信では、成河さんご本人に作品について、アニメーションのアフレコ初体験の印象について、色々とお話を伺ってきました。

null

―まず成河さんにお聞きしたいのが、アニメーションの『美女と野獣』はご覧になっていますか?

成河:たぶん中高生くらいだったと思うんですが、大変話題になっていて、家族で観に行ったことを覚えています。

―実写化のお話を聞いた時の率直なお気持ちはいかがでしょう?

成河:正直に言うと、大丈夫なのかな? とは思いました。観客のみなさんの中にもそう思った方って結構いらっしゃるんじゃないかなと思うんですが。実写化というのは必ずしも成功するわけではないですから。でも自分が声の演技を担当させていただくのだから全力でやろうと思って、本編を観たら、ひっくり返るほど驚きました。本当に疑ってすみませんでした、参りましたという感じで(笑)。

―映画を観てすごく感動されたと。

成河:泣いちゃいました。すごく感動しちゃって。役者さんも全員素敵で、演出もテンポも良くて。それも派手にするための演出だけではなくて、お話の骨格を浮かびあがらせるためになっているところが素晴らしいなと。高いテクノロジーを見せるだけの映画ではなくてね。別にそれでも良いと思うんですが、そうでは無いというところに感動しました。そして、これは吹替えを相当頑張らないといけないぞ、と。

―役が決まる前、オーディションはどの様な気持ちで挑みましたか?

成河:やったことの無いことだったので、逆に楽しんでやろうと。

―そして見事ルミエール役に決まった時のお気持ちは?

成河:現実感も無くて、本当に僕でいいのかなあ、という気持ちでいっぱいでした。他のプレミアム吹替版のキャストのみなさんは半分以上舞台で共演したことがある方だったので、本当に舞台陣で固めるんだな〜としみじみしました。

―ルミエールというキャラクターをどの様に演じようと意識されましたか。

成河:ルミエールは軽妙なでありながら、どっしり構えたところもあるキャラクターだと思うんですね。僕は実年齢に比べて、声も高くて外見も若く見られがちなので、そこが心配だったんですけど、実写のユアン・マクレガーさんの声がアニメーションより高めで若々しかったので「こういうやり方もあるんだ」と思いました。なので、あまりつくり込むというよりは、僕の声、声質、トーンを見ていただいた上でこの役をくださったのだから自分なりにやろうと思いました。

―確かにユアン・マクレガーさんの声が高めで、イメージを残しつつ新しいルミエール像も感じました。

成河:意外でしたよね! なので僕もあのフランスなまり感というか、鼻につくギリギリのキザな感じも出したいな、と(笑)。どっしりと落ち着いた執事というより軽妙さを大切にしようと、ユアン・マクレガーさんの演技を見て安心した部分もありました。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。