体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダブルの酸っぱさに「トロ甘」感! 新発売『ジュレピュレ 紀州梅ぼし味』レビュー

ume9

2017年5月16日(火)、『ピュレグミ』でおなじみカンロ株式会社よりピュレグミのラインナップ『ジュレピュレ』シリーズよりピュレグミ史上初となる梅干し味『ジュレピュレ 紀州梅干し味』が発売された。
カンロが「本気でつくった」という気合の入れようの本商品。ガジェット通信では早速カンロの「本気」を味わってみた。

カンロが本気でつくった「梅」グミ

カンロが本気でつくった“梅”グミ『ジュレピュレ 紀州梅干し味』レビュー

これまで多くの「梅」をテーマにした商品を発売してきたカンロ。代表的な商品としては『健康梅のど飴』や『茎わかめ梅味』などが挙げられる。まさにはカンロの十八番といえるだろう。

しかし!!

ume6

こと「グミ」の領域においてはその「梅」があまり目立ってこなかったという経緯がある。そこで今回、「ピュレグミ」ブランドから満を持して登場したのが、『ジュレピュレ 紀州梅干し』なのだ!
ありそうでなかった」ピュレグミの梅干し味だが、「梅」を長年扱ってきたカンロだけにその味は折紙付き。

ume7

パッケージ表。
一目で「梅」を感じ取ることができる視認性120%の商品パッケージだ。

ume8

裏面はこの通り。

ume5

独自のセンターイン製法でとろり、じゅわりなジュレソースが中に封入。ひと噛みで現れるとろとろ梅ソースは実に美味。
従来のピュレグミでおなじみの「甘酸っぱさ」梅干しの「甘酸っぱさ」という、異なるベクトルの酸っぱさが口内で競合し絶妙なアンサンブルを生み出している。また今回はあくまでも「梅干し味」であるため、紀州梅干しならではの濃厚な「トロ甘み」も堪能できるという実にリッチなグミなのだ。

今回の紀州梅ぼし味はガジェット通信編集部でも大絶賛。そこでスタッフから感想を集めてみた。

・リッチな果肉感があり、とても説得力がある。
・酸っぱいのが嫌いな人でも、全然平気。むしろ美味しい。
・梅干し以外の風味もたのしめる。
・梅干しのいいとこ取り。紀州梅ぼしの甘さが病み付きになりそう。

間違いなく歴代ピュレグミでもトップクラスの美味しさとなるであろう『紀州梅ぼし味』。ぜひ手にとってその味を確かめて欲しい。

1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。