ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はドッキリだった!? Dexee Diner渋谷店アート過ぎる落書きの真相判明

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ブックカフェDexee Diner渋谷店に“アート過ぎる落書き”が一夜にして出現し、店長の内村剛さんが“犯人”に対話を呼びかけるという事件については、2011年12月28日にガジェット通信でも紹介した。

ブックカフェDexee Diner渋谷店に異変! アート過ぎる落書きに店長困惑
http://getnews.jp/archives/159457

その後、進展があったかどうか店舗を訪ねてみると、内村さんから「ペインターの正体が分かった」という驚きの事実を伝えられた。
ペインターの正体は、SENEKTさん、YUICHIさん、YUSEI SAGAWAさん、Yoheiさんの四名。中でもYUSEIさんは“モーションペイント”で世界的にも有名なアート集団『輪派絵師団』に所属するプロだという。
そして、さらに驚きの事実が、内村さんから伝えられた。
「実は、この件を知らなかったのは、私だけだったんです……」
なんと、ペインターの四名はDexee Dinerを運営する株式会社エーディーエモーションの中村文裕代表により、「店長には内緒で渋谷店のガラスにペイントしてほしい」という依頼を受けて描いたというのが真相だというのだ。
「大騒ぎして申し訳ないです」
そう頭を掻く内村氏。
なぜそのことが分かったかと尋ねると『YouTube』にアップされている動画を「これ、おたくのお店?」知人に聞かれて気付いたという。
「その動画には、ペイントされる模様が映されていたんです」


「Highwriter」『YouTube』
http://youtu.be/3H9ylLyqNtM 

内村氏の話を受けて中村代表に電話をしてみると、ペイントの依頼の件について事実と認めたうえで、理由を次のように語った。
単純に店長を驚かせたかったんですよ(笑)。あと、私個人はアートが好きなものですから、素晴らしいクリエイターに場所を提供したいという思いがあったんですよね。今はなかなか路上に作品を描くということはできないですから」
実際、Dexee Dinerでは、渋谷店・恵比寿店・松涛店を様々なアーティストに対して発表の場としてスペース提供している。
「ジャンルを問わず、いろいろなアーティストを紹介していきたいので、まずは相談してほしいですね」
中村代表はそう述べたうえで、渋谷店のガラスの作品についても、「できるだけ多くのお客さんに観てもらって、店舗の顔になればいい」と話した。

実は“ドッキリ”だという、意外すぎる真相だった今回の事件。
取材をするうえでも、多方面への確認や裏取りなどが必要だということを痛感させられる出来事だった。

『Dexee Diner』
http://www.dexee-diner.com/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「ふじいりょう」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP