日本をテーマにした『アングリーバード』のPC向け新エピソード『サクラ・ニンジャ』がフジテレビサイトで公開

Pocket
LINEで送る

2012.03.08 13:30 記者 : カテゴリー : ゲーム タグ :

日本をテーマにした『アングリーバード』のブラウザで遊べる新エピソード『サクラ・ニンジャ』がフジテレビサイトで公開
iPhoneやAndroidアプリで人気のゲーム『アングリーバード(Angry Birds)』。シーズンごとに新エピソードを配信するアプリ『Angry Birds Seasons』で3月7日から、日本をテーマにした新エピソード『Cherry Blossom』が公開されたのに合わせて、パソコンのブラウザで遊べるウェブゲームとして新エピソード『サクラ・ニンジャ』がフジテレビサイトで3月8日に公開されました。

ラフくんとフジテレビ社屋ビルが登場するステージも
『アングリーバード』は、主人公の鳥たちがブタに奪われたタマゴを取り戻すために、パチンコで鳥を飛ばしてブタを倒していくアクションパズル。鳥のキャラクターごとに設定されたアクションや物理演算による障害物の動作を利用してステージを攻略していきます。『サクラ・ニンジャ』には、フジテレビのキャラクターであるラフくんや、フジテレビの社屋ビルが登場するステージも収録。忍者や相撲、芸者など日本をイメージしたキャラクターやステージが楽しめます。

ウェブ版の『アングリーバード』は、ウェブブラウザ『Chrome』にインストールして遊べるバージョンが『Chrome ウェブストア』で配布されているほか、『Facebookアプリ』としてもリリースされています。それぞれ遊ぶには『Google』や『Facebook』のアカウントが必要ですが、フジテレビ版『サクラ・ニンジャ』は会員登録やログインは不要。気軽に遊んでみたい方にはオススメです。

『アングリーバード×フジテレビ』
http://angrybirds.fujitv.co.jp/

(C)2012 Fuji Television Network, Inc. / Rovio Entertainment Ltd.

shnsk

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

関連記事

3月7日にリリースされた『シムシティ』。マクシスが開発した都市育成ゲームの最新作だ。誰もが知っている『シムシティ』で、今回はオンラインに接続して遊ぶことが可能。しかしそんな『シムシティ』最新作に発売日からトラブルが起きたのだ。そのトラ...続きを読む

UKチャートで2周連続1位となった『トゥームレイダー』最新作。海外では3月5日に既に発売されSteamでの値段は49.99ドルとなっている。日本語版は4月25日に7800円で発売予定となっている。 しかしそんな海外版に日本語字幕と音...続きを読む

※『IT批評 1号 特集:プラットフォームへの意思』(2010年12月刊行)よりサイトウ・アキヒロさんの「任天堂はなぜ勝者となりえたのか」を転載。 任天堂はなぜ勝者となりえたのか ハードとソフトのシナジーな...続きを読む

この記事はちょこ猫さんのブログ『ちょこ猫は見た!』からご寄稿いただきました。 モバゲーとグリーは欧米では流行らないと思う理由 モバゲーとグリーなどソーシャルゲームは非常に成功しました。 ところがここ最近は勢いに陰りがでてきた...続きを読む

今回は田下 広夢さんのブログ『田下 広夢の記事にはできない。』からご寄稿いただきました。 なんでTSUTAYAにゲーム新古品を売りに行ったら警察を呼ばれたか TSUTAYAに買ったばかりで封を開けてない新古品のゲームソフトを売りに...続きを読む