体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画あり】『ニコニコ生放送』でも「南無阿弥陀仏」を合掌! 福井・照恩寺「テクノ法要」レポート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

福井県福井市の浄土真宗本願寺派・照恩寺で実践されている「テクノ法要」。阿弥陀如来を中心にLED照明を配置し、光と音楽で“極楽浄土”を表現するという朝倉行宣住職のアイディアが具現化していますが、2017年に入ってクラウドファンディングサイト『Readyfor』で42人の支援者から398000円を調達に成功。2つのプロジェクターとプロジェクションマッピング用ソフトなどを新たに導入して、お寺の本堂をさらに異次元の空間を現出させることに挑戦。2017年5月3日に正信偈の行譜が行われました。ここではその模様をレポートします。

※参考記事 【動画】プロジェクター投影&舞台照明で極楽浄土を表現!? 「テクノ法要」実践の福井・照恩寺がクラウドファンディング
http://getnews.jp/archives/1611035 [リンク]

築150年の本堂が音と光で溢れることに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JR西日本・越美北線越前東郷駅から徒歩5分ほど。朝倉住職によると明治初期に建てられたという築150年ほどの本堂は見るからに立派。ここで、あのハイテクノロジーな光の演出とテクノサウンドが奏でる“今様”な法要が行われるとは思えないような佇まいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本堂に入ると、ご本尊と阿弥陀如来のお姿、そして豪奢な装飾が施されているのに目を惹かれます。そして、柱には越前和紙が垂れかけられていました。手入れの行き届いた美しい内装ですが、この場で「テクノ法要」が行われるのです。

荘厳さと現代っぽさがマッシュアップされた「テクノ法要」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

10時より一回目の法要を開始。如来像が光りだし、今回から導入したというプロジェクターが天井の下の壁に万華鏡のようなカラフルな輪を描きます。そして、朝倉住職も敬愛するというPerfumeの作曲を担当している中田ヤスタカ氏を思わせるビートと、トーキング・モジュレーターによる旋律がいきなり古寺を最新の空間へと誘ってくれます。

そして朝倉住職をはじめとする4人の僧侶が左右に分かれ、行譜が始まります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回『niconico』の協力によって実現した、和紙への正信偈のプロジェクション。4本の柱に文言が表示されます。このため、参拝者も行譜を口ずさむことができ、実際に檀家と思われる年配の方々が唱和していました。この姿は、音と光があることを別にすれば「法要」そのもの。これには朝倉住職も法要後に「一緒に口ずさんで頂けて嬉しかったですね」と話していました。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会