ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「別に安くない」「お好み焼きが2玉出てきた」私が出会った“残念社食”

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2010年に発売されたレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~』が火付け役となり、現在では様々な企業の社員食堂のレシピ本が書店に登場。学食や小学校の給食室、プロ野球チームの寮で出されている食事のレシピ本等も、書店を賑わせています。

栄養バランスばっちりで、ボリュームがあって低価格な社食、学食は健康と節約の味方。なおかつ、美味しくてダイエットにもなるなんて、うらやましい限りですよね。

でも、書籍化されてみんなに羨ましがられる社食なんて一握り。全ての社食が素敵なワケではありません。今回は、女性が実際に社食に感じた残念なポイント、メニューについて調査。「こんなメニューあり!?」という、キテレツメニューもご紹介します。

社食への不満1位は「劇的に安くはない」

ランチタイムのお得なメニューがそろっていると言っても、500円~1,000円はかかる外食。毎日のことだから、少しでも出費を抑えたい。そんな時にありがたいのが社食の存在です。でも、「外食よりは安いけど、お弁当を作るよりは高い」「これだけボリュームがあって、この値段! という様な劇的な感動は無い」という意見が多く聞かれました。

とっても美味しい社食ならともかく、400円以上払うなら、もう少しプラスして外食を楽しみたいという心理が働く様です。でも、小・中学校の給食にかかるコストが大体300円前後というので、さらに低価格を目指すのには相当な工夫が必要なのかも?

毎日の事だから「豊富なメニュー」を求める声

次いで多かった不満は、メニューがワンパターンだという点。多くの社食では、カレー、うどん・そば、定番定食のレギュラーメニュー+日替わり定食というメニュー構成で運用されている様ですが、「もっと色々なメニューが食べたい!」と願うのが女心。特に、野菜不足を懸念する声も多かったです。確かに「たっぷり根菜のミネストローネ」とか「ごちそうコブサラダ」とか、社食ではまず見かけませんよね。

地方で出会った「珍メニュー」ご当地色濃すぎ!

ご当地フードは、社食にも登場! 自分の会社の場合もですが、出張先や得意先の社食で食事をしたら珍メニューに出会って驚いたという人も。「広島の会社で、お好み焼きが2玉出てきて満腹で死にそうになった」「静岡の会社では、黒はんぺんが週3回は出てきて飽きた」「青森名物せんべい汁は、社食で初めて食べた」など、その土地のソウルフードが社食にもしっかり根付いている様です。

経験が無い筆者からすると、そんなに美味しくなくても、めちゃくちゃ安くなくても、一度は食べてみたい社員食堂。企業によっては、外部の方でも同じ様にメニューが楽しめるそうなので、いつかトライしてみたいと思います。皆さんは、今までどんな社食を味わったことがありますか?

※画像は「タニタ食堂」公式サイトより引用。

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。