ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】宅配再配達問題をITで解決!2つのサービスを連携させたソリューションの仕組みに迫る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
aos_1ここ最近、ニュースでも取沙汰され、世間を賑わせている宅配の再配達問題。これを解決しようと民間企業でも、さまざまな対応策を考案している。代表的なところでは、コンビニエンスストアの宅配ボックスを使った受け取りサービスだろう。ネット通販が拡大の一途をたどる中、こうした取組みは、今後ますます増えていくと思われる。

今回テッカブルで取り上げるのも、他分野の企業が編み出した解決策。AOSモバイル社による「一回で受け取る宅配ソリューション」だ。同社では主幹事業として、SMS(ショートメッセージサービス)を使った法人向けソリューション「AOSSMS」と、ビジネスチャット「InCircle」を展開。この2つのサービスを組み合わせて、配達効率の大幅な改善に臨むという。はたして、そのシステムの実体とは?

InCircle事業部開発部長、米川 孝宏(よねかわ たかひろ)氏と、SMS事業部営業部長、菅野 智也(かんの ともや)氏が、取材に応じてくれた。

・少しのコミュニケーションを加えることで宅配の効率をアップ

Q1:まずは、このソリューションの仕組みと特長についてお聞かせください。御社の基幹である2つのサービスと組み合わせているそうですが、それぞれどのような形で連携しているのでしょうか。

aos_new_2(米川氏)「AOSSMS」は、企業とすべてのモバイル端末を、SMSで双方向にメッセージ送受信できるサービスです。不特定多数の顧客と企業側が、チャットでやりとりできるようになっています。

一方、「InCircle」は、企業内の業務に適したセキュアチャットプラットフォームです。これら2つのチャットプラットフォームでは、それぞれAPIが公開されています。この2つのAPIを、両手で仲介し連携する形で、本ソリューションの業務ロジックを担う、チャットボットが稼働しています。

Q2:一見、宅配とは無縁に思われるサービスを生かしてまで、システムを構築しようとしたのはなぜでしょうか。

aos_new_3(菅野氏)弊社のサービス(「InCircle」と「AOSSMS」)は、コミュニケーションツールです。一見、無縁に思われる宅配ですが、宅配も荷物を届ける人と、受取る人のコミュニケーションだと考えています。

「現在の宅配に、少しのコミュニケーションを追加することができれば、より効率的で便利な宅配になるのではないか?」と思い、サービスを開発しました。配達日当日に送る「今日の何時に荷物を届けます!」というメッセージが、日常の挨拶のような役割を担ってくれるでしょう。

・人と人とのつながりを重視したスマート社会を実現したい

Q3:システムを作り上げるにあたって最も苦労したのは、どのようなところでしょうか。

aos_new_4(米川氏)チャットボットは、顧客側と企業側、双方の仲介役です。機械的に事務処理する無機質なロボットではなく、有能でありながら気が利いて、優しく対応してくれるような存在となるよう、心がけました。

企業内では、協調して働いている一社員のような相手であり、お客さまには企業の顔となる存在です。社内外のコミュニケーションが向上し、企業イメージアップ、働きやすさ向上につながれば、と思っています。

Q4:正式リリース後の展開について、教えてください。

aos_new_5(菅野氏)今回のソリューションでは、さまざまなコミュニケーションツールで人と人をつなぐことはもちろん、人の顔をした弊社独自のボットも活躍しています。

コミュニケーション向上が大きな効果を生み出すシーンは、配達のみならず、さまざまな分野に潜在していると思います。(将来的には)弊社の提供するスマートコミュニケーションで、スマート社会を実現していくつもりです。

配達員の連絡をスムーズにし、人手不足をカバーするのも本ソリューションの大きな特長。サービス開始は、5月1日。システムを普及させるには、消費者である私たちの協力も必要だということを、ひと言記しておこう。(取材・文 乾 雅美)

一回で受け取る宅配ソリューション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。