体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイ人に学ぶ、家庭でできるタイ料理(トムヤムクン)

(写真: トムヤムクンはタイではお手軽な家庭料理のひとつ。鍋ひとつで作れるのもグッド)

家庭で簡単にできるトムヤムクン

タイ料理と言えば、世界3大スープとしても知られるトムヤムクンが有名です。
日本のタイ料理屋でトムヤムクンを注文すると以外に高価なので高級料理と思われがちですが、タイではごく一般的な大衆料理として親しまれています。

今回は料理上手のタイ人の姉妹に、タイの家庭で作るトムヤムクンはどんなものなのかを教えてもらいました。日本でも市販のトムヤムクンペーストを使えば簡単にできるそうですので、みなさんの晩御飯のレパートリーに追加してみてはいかがでしょうか。

(写真左から:妹のジョーさん、姉のユウさん)

食材は、日本で手に入りやすいものを選んでもらいましたが、バイマックルー(コブミカンの葉)は小さなスーパーではあまり置いてないかもしれません。ただ昨今のタイ料理ブームのおかげで、最近はスーパーにも乾燥のバイマックルーがだいぶ見かけるようになってきました。もし家の近くにタイ食材店があれば、生の冷凍バイマックルーが買えると思います。バイマックルーはタイのグリーンカレーや炒め物にも使えますので、タイ料理ファンはネット通販などでまとめて買って、冷凍しておくのも手です。

(写真:冷凍されたバイマックルー。新鮮なバイマックルーはタイ人の必需品。タイ人は香りが飛ばないように冷凍して保存する)

ちなみにタイ語ではトムは「煮る」、ヤムは「和える」、クンは「海老」という意味になります。つまりトムヤムクンは「海老を煮て和えた料理」という意味になります。タイではトムヤム〜という料理がたくさんあります。海老のかわりにプラー(タイ語で魚の意味)をいれればトムヤムプラーとなり、ガイ(鶏の意味)をいれればトムヤムガイになります。素材にあわせて色々なトムヤムを作れるので、冷蔵庫にあまっている食材をいろいろと試してみるのも面白いですね。

材料(4人分)

それでは、さっそく家庭のトムヤムクンを作っていきましょう。鍋は雪平鍋がひとつあればだいじょうぶです。
今回使う材料は以下の通りです。トムヤムクンですので、海老が必須となります。野菜は好みのものでいいのですが、タイ人はあまりトムヤムクンにモヤシは入れないようです。キノコはシメジ・エノキ・マイタケなど色々な種類のものを入れると味に深みが出ていいそうです。ちなみにタイでは、香りが良い日本のシイタケやシメジは人気があり、日本のキノコを栽培する農家が増えています。

■ トムヤムクンペースト・・・1袋(LOBO社のもの)
■ エリンギ(マッシュルームでも可):1パック(2〜3本くらい)
■ ミニトマト:3個
■ セロリ(パクチーでも可):1/2 本
■ 海老(ブラックタイガーやバナメイエビなど):1パック(冷凍でもよい)
■ バイマックルー(コブミカンの葉):2枚
(乾燥したものでもよいが、生の方が香りがよい。入手が難しかったら、トムヤムクンペーストにも含まれているので入れなくてもよい)
■ 水:550cc
■ 牛乳:大さじ1
■ 塩:小さじ1
■ 砂糖:大さじ1
■ ナンプラー:適量

作り方

材料がそろったところで、早速調理に取りかかりましょう。調理時間は15分といったところです。

① 海老の身の殻を取り、背中に切り込みをいれ、背わたをきれいに洗い流す。
塩(分量外)を軽くふってざるに上げて水気を切る。尻尾の殻はそのままつけておく。

(写真: 海老はちゃんと下ごしらえしておかないと、臭みがでてしまう)

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。