ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

憲法改正に賛否両論! なかにし礼氏「憲法は芸術作品」に高須克弥‏氏「つかいものにならない」と返す

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

takasu_kaiken_01

安倍晋三総理大臣が、憲法記念日の2017年5月3日に「9条に1項、2項を残しつつ自衛隊を明文で書き込む」や「高校無償化」を明文化する議論を呼び起こし、2020年に「新しい憲法が施行される年にしたい」としたことが、さまざまな反応を呼び起こしています。

作家・作詞家のなかにし礼氏は、朝日新聞の記事で現行の憲法を「世界に誇れる芸術作品」として、「戦争の放棄」を明文化した9条の改正を視野に入れた安倍総理の発言を「もってのほか」と述べています。

なかにし礼さん「憲法は芸術作品」 首相発言に異議(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/articles/ASK4T5HNRK4TUPQJ007.html [リンク]

この記事を受けて、高須クリニック院長の高須克弥‏氏は『Twitter』で以下のようにツイート。


なかにし礼さんは正しい。芸術作品は観賞するものです。つかいものになりません。

この皮肉交じりのツイートには「うまい」「理想で現実は守れない」といった改憲派と思しきユーザーからのリプライが寄せられていました。

憲法施行70年を迎えて、大きな岐路となりそうな安倍総理の発言。今後、護憲派と改憲派の議論が深まることを期待したいところです。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/katsuyatakasu/status/859979443086925824 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。