ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

もっちり泡がスゴい! 『どろ豆乳石鹸 どろあわわ〈スーパーフード〉』を使ってみた[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スキンケアブランド『DOROwa(ドロワ)』の人気泥洗顔料『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』。

ミクロ粒子の2種の美容泥が特徴で、メラニンを含む古い角質や毛穴の汚れもごっそり吸着、肌を引き締めてくれるモコモコ泡の洗顔料です。

そんな『どろあわわ』からスーパーフードを使った新製品『どろあわわ〈スーパーフード〉』が登場。“ふわもこ”のもっちり泡が出来上がる様子と共に、実際に使ってみた感想をご紹介します。

『こだわりの泡立ち 泡立てネット』付き! 『どろあわわ〈スーパーフード〉』

『どろあわわ〈スーパーフード〉』は、『どろあわわ(アボカド)』と『どろあわわ〈アサイー〉』のパック2種類に、『こだわりの泡立ち 泡立てネット』がセットに。

さっそく説明書を読みながら使ってみます。

もっちり泡すぎる! 『どろあわわ(アボカド)』を使ってみた

まずは『どろあわわ(アボカド)』から。「森のバター」の異名を持つアボカド、ミネラルを豊富に含むドラゴンフルーツの他、イチジク、はちみつの成分が含まれています。香りはマイルドハニー。

まず、泡立てネットに水を含ませてから、

『どろあわわ』を2~3cm出します。この分量ももっちり泡になるポイント。

チューブからにゅるり。歯磨き粉より少しかための印象。クレイタイプの洗顔料と似ています。

空気を含ませながら泡立てます。

『こだわりの泡立ち 泡立てネット』を手でクシュクシュすると、泡立ってきました。

しばらくクシュクシュと泡立てたのち、ネットの根元から泡を丁寧にしぼり取ります。

泡を集めたら、もっちり濃密泡の完成。ふわふわのもちもち……! まるでしっかり泡立てたホイップクリームのようです。

泡がしっかりしているので、逆さにしてもくずれません。想像以上に“もっちり”クリーミーな泡。

使ってみた感想は?

・泡立てるとアボカドカラーのパステルグリーンが綺麗!
・香りはほのかに甘ーい香りがする程度。
・泡の触った感じはクリーミー。肌に吸い付くように洗えます。
・泡たっぷりなので、洗顔時にゴシゴシ洗いにならずお肌にやさしく洗えそう。
・洗い上がりはしっとりツヤツヤ。

サラサラふんわり! 『どろあわわ(アサイー)』を使ってみた

次は『どろあわわ(アサイー)』。豊富な栄養素を持つアサイー、フルーツの中でも屈指のビタミン含有量を誇るカムカムの他、ゴジベリー、アーモンドの成分が含まれています。香りはワイルドベリー。

先ほどと同じように泡立てネットに水を含ませて、泡立てネットの中に『どろあわわ』を2~3cm。

空気を含ませながら泡立てます。ネットをクシュクシュ。『どろあわわ(アボカド)』と違い、『どろあわわ(アサイー)』には色はついていないようなのですが、泡立てた時にいい香りが立ち込めました。

泡立ってきたら、ネットの根元から泡を丁寧にしぼり取り泡を集めます。

『どろあわわ(アボカド)』と比べると泡が細かく、“もっちり”よりも“ふわふわ”度が若干強い印象。少しゆるめに泡立てたメレンゲのようなふんわり優しい泡です。

使ってみた感想は?

・泡は『どろあわわ(アボカド)』より『どろあわわ(アサイー)』のほうが柔らかめ。
・香り高いけど、嫌味じゃない自然な香りです。
・サラリとした使い心地。
・洗い上がりは、さっぱりとしています。

公式サイト

www.dorowa.com/superfoods/

『どろあわわ〈スーパーフード〉』はコスメバラエティショップ限定、数量限定にて発売中。もっちり泡を作って体感してみては?

製品詳細情報

製品名:『どろ豆乳石鹸 どろあわわ〈スーパーフード〉』
[セット内容]アボカド(60g)、アサイー(60g)
2980円(税抜き)/合計約32回分
■取り扱い店舗:全国のコスメバラエティショップ
Loft、PLAZA 、東急ハンズ、@cosme store、shop in、ROSEMARY、シャンドエルブ、R.O.U アインズ&トルペ、パルファンなど

カテゴリー : エンタメ タグ :
erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。