ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ニコニコ超会議2017】動画供養からLEDサイネージ衣装まで! “超まるなげひろば”がマジで丸投げだった

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年4月29日・30日にわたって開催された『ニコニコ超会議2017』。さまざまなエリアの中でも最もカオスだったのが“超まるなげひろば”。削除された動画を供養すると称した墓から、闇市感のあるブース、怪しげではあるが大真面目な研究発表まで、ある意味『ニコニコ』の濃さが凝縮された空間になっていました。ここではその一部を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

削除動画の墓場では、その公開年から削除年が記載され、その内容を簡単にまとめられており、在りし日の姿を思い起こされます。とりわけ、2013年に公式ながら削除された『おそ松さん第1話「復活!おそ松くん」』までラインナップされていたあたり、『ニコニコ』の歴史の1ページになったのだな、と感慨深くなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

各所に出没する『自宅警備隊 宅外派遣本部 N.E.E.T.』。黒いカーテンに覆われたブースから、なぜかバンド一式が揃っており、筆者が訪れた時には謎ビートなキーボードが弾かれて、中央にクッションを抱いて身じろぎしない隊員の姿がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『東方Project』の名曲「エピクロスの虹はもう見えない」で再生数360万を超える数字を叩き出しているアキバ系ヴァイオリン奏者TAM氏はブースで生演奏。“超ゲームエリア”や“超音楽祭”と同じ9~11ホールで、ヴァイオリン一本で戦う気概は素晴らしいの一言。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その名も『ようこそジャとりパークへ』と名付けられたブースでは、ハンドルを回してトリにぶつかるとスコアが上がるというゲームを遊ぶことができました。地味に高度なシステムなのでは……?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岐阜県関市の『関アウトドアズナイフショー』で市長賞を受賞したという北村竹二氏のブースでは、彩りがRPGの武器を思わせる美しいナイフが出品。展示もオシャレでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

女装の研究・実践を行っているあしやまひろこさん率いる『テクノコスプレ研究会』は、ウェアラブルLEDサイネージ衣装“Color Girl”を出展。内蔵制御ユニット“Jewel Box”により、約6000個のLEDによりスカートがフルカラー自発光によって色が変わり、障害物や着用者の動きに制限なく稼働できるだけでなく、無線モジュールによって制御も可能になっているのだとか。かっこいい!

この他にも、ガチからベタまであらゆるパフォーマー、出店者によってカオスな空間となっていた“超まるなげひろば”。運営が本当に丸投げをしたことによって現出された自由さは、いつまでも『超会議』に残ってもらいたいものです。

ニコつく2017(『ニコニコ超会議2017』公式サイト)
http://www.chokaigi.jp/2017/booth/nicotsuku2017.html [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。