体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「生きてる人間でこんな不気味な場所に住んでる人なんて居やしない」”高貴な姫としてのあり方”とは? 王子様が来る日を待ちつづける極貧プリンセス ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

こともなく、無情に時だけが過ぎていきます。

「私だってあの方が京を追われた時、自分のことのように悲しんで、どうか無事に戻ってほしいと祈り続けてきたのに……。もうお終いよ。どうして世の中はこんなに不公平なの」。末摘花は悔しくて悲しくて、人知れず声を上げて泣き続けました。

大したこともしてない人たちは、必死にアピールしては恩恵のおこぼれに預かっているけど、自分には何のいいこともない。いつの世でも、(大した実績はなくても)アピール上手な人が得をし、真面目だけど不器用な人がワリを食うのは、なんとも切ないです。

叔母さん大喜び…”高貴な姫としての誇らしいあり方”とは?

一方、意地悪な叔母さんは大喜び。「そらご覧!あの姫を源氏の君が思い出すわけないわ。あんなボロ屋敷に居続けているくせに、親が生きていたときと全く変わらず、偉ぶっているんだから。現実が見えていなくてお気の毒だこと」。

そう思いつつ、叔母さんは九州行きの勧誘を忘れません。言葉巧みな誘い文句に、貧乏疲れした女房たちは「もう九州にお行きになったらいいのに」末摘花が頑固に源氏を待つ気持ちがわからず、影でブーブー言っています。

そして、乳姉妹の侍従まで「姫さまとお別れするのは嫌ですが、夫の転勤についていかなくてはいけないのです。お残しするのはとても心配ですから、是非ご一緒に」。彼女はダブルワーク先の叔母さんの家で、その甥といい仲になってしまっていました。

しかし、誰が何と言っても、末摘花は動きません。「あれほど私に固く愛を誓ってくださったんだもの。今は忘れられているかもしれないけど、いつかきっと、風のうわさにでも私の現状を聞いて、きっとここへ来てくださるわ」。いや、源氏はあちこちで愛を誓いまくっているんですよ。

更に「貧乏暮しに耐えかねて由緒ある品を売り飛ばした、などというのが、もし源氏が来たときにでも知られたら恥ずかしい」と思い、女房たちから家宝を守ると心に決めます。食うに困ろうがプライドは絶対に売り渡さない、これが彼女の思う高貴な姫君らしさなのです。び、貧ぼっちゃま…!

毎日泣いてばかりの末摘花の顔は、いよいよ酷いことになり、まるで赤い木の実を顔の真ん中にくっつけたよう。泣きすぎて赤い鼻が腫れてしまったらしい。作者は「普通の男であればとても耐えられないような見た目であるが、お気の毒なので詳しく書くことは避ける」と締めています。

白雪姫よりずっと前に、『いつか王子様が』を地で行くお姫様が、こうして源氏物語の中に存在しています。でも残念ながら、一致点はお姫様であることと、藪というか森で暮らしていること、源氏は本当に皇子であること、くらいなもの。場所は可愛い小人の家ではなく、崩壊寸前のオンボロ邸だし、ヒール役に嫉妬されているのは、美貌ではなく高貴な生まれです。

そして何より呪わしいのは、毒リンゴではなく赤い鼻。当時、リンゴはなかったと思いますが、目立つような赤い木の実…ザクロあたり?作者が何をイメージしたのかがちょっと気になります。

一方的にしゃべるのは会話じゃない…コミュ障兄妹の体面再び

何の音沙汰もないまま、季節は冬に。相変わらず侘しい毎日を送る末摘花の元へ、ひょっこり現れたのはお兄さんの禅師。「いやぁ、本当に素晴らしかった。舞楽も極楽浄土のようだった!私は源氏の君の主催なさった御八講に参加させていただいたんだよ!あの方は本当に、仏様の生まれ変わりじゃないのかね」。

なんと、源氏が帰京後に主催した法華八講に、末摘花のお兄さんも参加していたのです。ところが、妹と源氏の仲を知らないはずはないのに、浮世のことは関知しないお兄さんは、ただ言いたいことだけ言って帰ってしまいました。そもそも、一方的にしゃべるのは、会話じゃない。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。