ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ビクトリノックスが『ビクトリノックス・スイスアーミー』のダイバーズウォッチにステンレススチールベルトモデルを追加 5月1日発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビクトリノックスが『ビクトリノックス・スイスアーミー』のダイバーズウォッチにステンレススチールベルトモデルを追加 5月1日発売へ

ビクトリノックス・ジャパンは、腕時計『ビクトリノックス・スイスアーミー』の『I.N.O.X プロフェッショナルダイバー』シリーズに、ステンレススチールベルトモデルを発表。5月1日に発売します。

『I.N.O.X』シリーズは、耐久性と堅牢性が特徴の、『ビクトリノックス・スイスアーミー』のフラッグシップモデル。高さ10mからコンクリートへの自然落下テスト、64トンの戦車にひかせる耐圧テスト、砂嵐の中や洗濯機の中での約2時間の耐砂塵、耐防水テストなど、スイス腕時計産業標準(NIHS)の項目とは別に30の独自耐久テストを加えた計130のテストをクリアしているとのこと。

『I.N.O.X プロフェッショナルダイバー』は、200m防水に対応。プロフェッショナルダイバーズ規格のISO6425に準拠し、潜水中に起こる激しい温度変化、高い水圧に耐えるのと同時に、ガラス面に曇りが発生しないのが特徴です。このほか、4800A/mの直流磁界中でも動作する、海水に24時間放置しても時計や回転ベゼルの動作や機能を保持する、暗闇でも25cmの距離から表示を読み取れるなど、ダイバーに不可欠な機能を備えています。

ステンレススチールベルトは、エクステンション機能付きのフォールディングバックルを備え、ダイビングスーツの上から装着しても長さを調整することが可能。直径45mmのケースは視認性がよく、逆回転防止ベゼルのエッジに刻印した数字、蓄光塗料を施した分針、12時位置に配置した発光カプセルにより、深海での視認性も確保。バンパー中央の取り外し可能なレンズはルーペ機能を持ち、装着することでダイヤルの視認性が高まります。

inoxdiver2 inoxdiver3

文字盤がブラックの『241781』とブルーの『241782』の2種類をラインアップして、価格は10万円(税別)です。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。