ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

釈迦に説法すぎる!? 小池一夫先生が『Twitter』で「一番驚いた」リプライとは……

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kazuokoike_01

漫画原作者・小説家の小池一夫先生といえば、『Twitter』でも精力的に活動していて約449000のフォロワー数を誇っていますが、それだけにヘンなリプライが送られてくることも多い様子。2017年4月26日には、このようなツイートを投稿しています。


ツイッターをやっていると、本当に驚くようなリプが来ることがある。「言語学者でもないのに、言葉について語ってもいいのか」とか、「心理学者でもないのに心について語るな」とか。いちばん驚いたのは、「子連れ狼はフィクションです」と教えてもらったことです。知ってました。(小池一夫)

いうまでもなく、『子連れ狼』の原作者は小池先生。これにはさすがに多くのユーザーが驚いたようで「めっちゃ笑った」「釈迦に説法とはこのこと」「無知蒙昧」といったツイートや、「これが実話だったらビックリだよ」といった声もありました。

小池先生が指しているのは、2014年の下記のツイートに対する返信だった模様。


ネットを見ていたら、ベビーカーがしばしば問題提起されますが、江戸時代から拝一刀は大五郎をベビーカーに乗せてましたよッ!。経験のある人には分かるけど、子育てにベビーカーは必需品。子供をずっと抱っこ出来ませン。その代わり、ベビーカーを使う方も、TPOをわきまえて下さい。(小池一夫)

この時も、「ジョークと現実を自己で判別できないのはカッコ悪い」といった意見や「インターネットは地獄」といった反応が寄せられていました。
いずれにしても、フォロワー数が多い人ほど変わったリプが多く飛んでくることは確かな様子。相手に返信する際には脊髄反射ではなく、その人の素性を調べておく方が良いのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/koikekazuo/status/857065948028715008 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。