体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【生放送レポート】KORG担当者が語り尽くす! 『kaosilator 2』『mini kaoss pad 2』の魅力とKAOSSシリーズの歴史

【生放送レポート】KORG担当者が語り尽くす! 『kaosilator 2』『mini kaoss pad 2』の魅力とKAOSSシリーズの歴史

いよいよ来月に発売が迫る『kaossilator 2』『mini kaoss pad 2』。2月22日(水)、KORG初代『KAOSS PAD』などの開発者が、注目の新製品ほか歴代の『KAOSS』シリーズを携え参戦した生放送が行われた。新製品の機能特徴、そして『KAOSS』シリーズの歴史と開発秘話に迫る、濃~い内容となったその模様をダイジェストでお伝えする。

全ての写真をご覧になりたい方はこちらからどうぞ

放送準備

20時からの放送を前に、機材をセッティング。

KAOSSシリーズ

歴代の『KAOSS』シリーズがずらり。KORGでもこれだけそろえて見ることはないという。今回放送のために特別に倉庫から集めてくれたが、これだけ並ぶと圧巻だ。

放送開始

左から坂巻匡彦氏、栗原徹氏、尾上祐一氏、河村裕司氏

出演者は、新製品などの製品企画担当 坂巻匡彦氏、初代『KAOSS PAD』や『KAOSS MIXER』などの製品企画担当 栗原徹氏、初代『KAOSS PAD』や『KAOSS MIXER』などのボイシング(内蔵エフェクト)担当 尾上祐一氏、『KAOSS PAD KP3』や『KAOSS PAD mini-KP』などの製品企画担当 河村裕司氏。そして進行は我らが周二郎探検隊。歴代の『KAOSS PAD』も持っているといるというKORG製品の愛好者でもある。

新製品紹介

まずは新製品の『kaosilator 2』(写真左)と『mini kaoss pad 2』(写真左から2番目)について、製品企画担当の坂巻氏が解説。

『kaosilator 2』と『mini kaoss pad 2』

実機を触りながらの話に、会場も視聴者もテンションが上がる。“こんにちはハウス”という名曲(迷曲?)も生まれた。

※“こんにちはハウス”はこちらからダウンロードできます。
http://www.korg.co.jp/Product/Dance/kaossilator2/Konnichiwa_House.mp3 [リンク]

[放送中に説明された新製品の特徴]
●kaossilator 2

kaossilator 2

・ギターのコードやベース、ピアノ、ディジュリドゥ、今回から追加されたカリンバなど、音が全面的に新しく
・モロ選んだジャンルの音が鳴るドラム
・本体録音のバンクが2本に。音を重ねるだけでなく部分的に抜くこともでき、曲の展開を作れる
・ミュートやクロスフェードがかけられるので簡単にリミックスができる
・入出力端子はminiピン(マイクイン、ヘッドフォン)

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。