ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヴァル研究所、高精度のリアルタイムバス位置情報を提供可能にする事業者向けバスロケーションサービス「SkyBrain」を開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「駅すぱあと」を提供しているヴァル研究所は 4 月 26 日、バス事業者やバスの利用者に精度の高いリアルタイムのバス位置情報を提供可能にする事業者向けバスロケーションサービス「SkyBrain」の販売を開始しました。SkyBrain はバス事業者向けのサービスなので、実際には導入したバス事業者のアプリや WEB サイトなどで提供されることになります。バス停やスマートフォンアプリでバスの走行位置や到着時刻を確認できるサービスは世の中に多く出回っていますが、そのほとんどは独自の設備とサービス基盤を用いているので、コスト的に割高。精度が悪かったりもします。一方、SkyBrain ではバスの位置情報と速度データの収集、バックエンドサーバへのデータアップロード、位置情報の補正、地図へのマッピング、アプリやサイト向けの API 公開をパッケージとして提供しているので、比較的導入が容易で、場合によっては導入・運用にかかるコストを大幅に抑えることができると言われています。特に注目なのは位置情報の補正技術です。バスロケーションサービスでバスの走行位置を表示するのに精度が悪いとサービスの意味がありません。そこで SkyBrain では独自の位置情報補正技術を利用して高精度な現在位置の取得と表示を実現しており、実際の走行位置や到着時刻のズレを軽減しています。SkyBrain は無料の巡回バスを運行している「日の丸自動車興業」が導入しており、「無料巡回バス」アプリで「丸の内シャトル」「メトロリンク日本橋」「メトロリンク日本橋Eライン」の走行位置等を確認できます。「無料巡回バス」(Google Play)

■関連記事
Xperia XZ Premium Bronze Pinkの実機デモ動画
Google、Android版Chrome DevでタブのCast機能を改良、映像のみをChromecastに転送
ソフトバンク、ギガモンスターのテザリングオプション無料期間を7月末まで延長、さらにオプション料を500円/月に減額

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。