体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

注目のNZワイン!新ブランド「ワイルド・ロック」発売

近年、品質の高さから注目が集まっているニュージーランドワイン。アサヒビールは、ニュージーランド/クラギー・レンジ社の「ワイルド・ロック・ソーヴィニヨン・ブラン」「ワイルド・ロック・ピノ・ノワール」(各瓶750ml)を、4月25日(火)より発売している。

新発売の「ワイルド・ロック」は、クラギー・レンジ社のセカンドブランドとして位置づけられているカジュアルタイプの商品。

「ソーヴィニヨン・ブラン」は代表的産地であるマールボロー地区産、「ピノ・ノワール」もその品質が高く評価されているマーティンボロー地区産で、それぞれのぶどう品種のよさを最大限に引き出した味わいに。冷涼気候に由来するフレッシュな香りと爽やかな酸味を持つ軽快な味わいで、ネーミングやラベルデザインからニュージーランドの自然や歴史を楽しめるワインとなっている。

「ワイルド・ロック」のネーミングは、1769年にキャプテン・クック達が、彼らの最初の航海において、海から見ると平らな岩のように見えるニュージーランドの沿岸に到達したとき、そこを“野生の岩(ワイルド・ロック)”と名付けたことに由来しているとか。ラベルにはニュージーランド固有の鳥と植物がデザインされている。

この機会にニュージーランド産のワインを試してみて。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。