体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【家具】予想を遥かに上回る規模の巨大見本市 ミラノサローネに行ってきた!

milano48

とにかく超巨大な会場、そして溢れる人、人、人

4月4日から9日にかけて、イタリア・ミラノで毎年開かれる世界最大の家具見本市・通称『ミラノサローネ』(正式名称:Salone del Mobile.Milano)が開催されました。世界中から訪れた参加者数は34万人を越え、2000以上の出展者が最先端のデザインを披露する一大イベントです。

このイベントは初参加となった筆者、訪れる前は「参加者30万人かー、コミケが50万人だから大騒ぎするほどではないな」という認識だったのですが現着して度肝を抜かれました

会場の端が霞んで見えない・・・

このミラノサローネの開催地となった「ロー・フィエラミラノ」は、なんと東京ビッグサイトの4倍の規模に当たる約35万平方メートルという圧倒的な広さの特大会場。1日で全て見て回るのはまず不可能な程の広さです。あまりに広いので、会場内での移動方法は「動く歩道」に頼るほど。会場の端からメイン通路を眺めると、延々と人混みが続いており端の方が霞んで見える有様です。

milano7

そもそもこの超巨大な『ミラノサローネ』は、「サローネ国際家具見本市」「サローネ国際インテリア小物見本市」照明を中心とした「エウロルーチェ」ワークスペース関連の「Workplace3.0」そして若手デザイナーの展示「サローネサテリテ」などといった複数の展示会・見本市から構成される超大規模展示会なのです。
今回筆者はざっくりとミラノサローネ会場を回ってきたので、本稿にて全体的な雰囲気をお伝えしていきます。

ミラノサローネ日本語公式サイト
http://www.milanosalone.com/

milano50

ところで、開催地となったミラノと言えばイタリア最大の商業の町であり、国際的なデザインの発信地でもあります。
デザインの先進性は街全体から溢れ出ており、2014年に完成し「全面緑化高層マンション」として一時期有名になったボスコ・ヴェルティカーレ(Bosco Verticale)のようなモダン建築も至る所で目に入ります。

さらに『ミラノサローネ』期間中、ミラノの中心部では「ミラノデザインウィーク」も実施されており、街全体がデザイン祭りのような雰囲気に様変わりしていました。

各ブースの規模もバカでかい

milano6

さて、ミラノサローネ2017年のキーワードは「コンテンポラリー・エレガンス」。最先端技術を駆使した優美さ、ラグジュアリーさは会場の至る所で感じることができました。例えばこちらは日本でも有名なブランド、Kartellのブース。見るからにオシャレなブース入り口に圧倒されます。

milano8
1 2 3次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。