体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全文レポート】土屋太鳳&片寄涼太『兄に愛されすぎて困ってます』舞台挨拶 「完璧なお兄でした」[オタ女]

4月20日から23日にかけて開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』。22日、『ミハマ7プレックス』 (北谷町)にてドラマ『兄に愛されすぎて困ってます』特別編集版の舞台挨拶が行われ、キャストの土屋太鳳さん、片寄涼太さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が参加しました。

小学館『Sho-Comi』にて連載中の大人気少女マンガを実写化し、6月30日には映画版の公開も予定している本作。この日は、映画版の前夜祭であるドラマ版が特別編集版で一挙上映。

告白12連敗中、恋に恋するモテない女子高生・橘せとか役を演じた土屋さんと、突如としてモテキが訪れたせとかを想う血のつながらない兄・橘はるか役を演じた片寄さんが登場すると、劇場に集まった300人の観客から大きな歓声が上がりました。

――まずはお集りいただいた皆さんに一言いただけるでしょうか。

土屋:橘せとかを演じました土屋太鳳です。皆さんが観終わった後ということで、直後の舞台挨拶は緊張するんですが、いかがでしたでしょうか。せとかとはるかは海と一緒に育ったので、美ら海に守られている『沖縄国際映画祭』に参加することができてとても嬉しく思っています。

片寄:橘はるか役を演じた片寄涼太です。皆さん、本日はお越しいただきありがとうございます。なかなか舞台挨拶という経験もないので、とても新鮮な感じなんですけども、皆さん、『兄こま』楽しんでいただけましたか? キャストやスタッフの皆さんと一緒に愛情を注いだ作品なので、これから公開に向けてたくさんの方に届けられるように、皆さんのあたたかい応援をいただけると嬉しいです。

――今作への出演が決まった時はどのような気持ちでしたか?

土屋:本当にプレッシャーがあって、今でも続いていますけど、私は原作のせとかちゃんと外見も性格も真逆なんですね。だから、私が演じることで原作に失礼になっちゃわないかなとか、台本を見る度にどうしようと思って……。でも、原作のせとかちゃんって、たまに3頭身とか2頭身にデフォルメされた姿が出てくるんですよね。コミカルな場面の時に。あれを見て、これなら少し近付けるかもしれないと思って、そこから少しずつせとかちゃんの心に手を伸ばしていくことができました。

片寄:自分はほとんどお芝居の経験がなかったので、果たして自分で良いのかという気持ちはありました。ただ、自分だけでなく、GENERATIONSというグループも含めて知っていただくチャンスかなと思って、自分らしく精一杯、一つひとつクリアしていく……クリアできたかも分かりませんが、一からの気持ちで取り組ませていただきました。

――仲の良い兄妹を演じてみて、お互いの印象を教えてください。

土屋:観てくださった皆さんが一番感じられていると思いますが、切ない演技の時に、なんでこんなに切ない目が出来るんだろうと思って。でも、ある時に気付いたんです。私は共演する方が音楽活動をされている時には、必ずライブのDVDを購入して、拝見することにしているんです。どういう表現をされるのかなって、勉強するために。それで、切ない時の目がGENERATIONSで歌っている時のお兄の目にそっくりなんです。ライブって、もの凄くたくさんの方々に向かって、隅々まで感情を伝えるから、こんなに感情が入った目なんだなと思って納得しました。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。