体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オタク万歳!! マンガもアニメも展示されてる文化庁メディア芸術祭受賞作品展は3/4まで 全部タダで超エコ

オタク万歳!! マンガもアニメも展示されてる文化庁メディア芸術祭受賞作品展は3/4まで「全部タダで超エコ」

『第15回文化庁メディア芸術祭受賞作品展』が六本木の国立新美術館で3/4(日)まで開催されている。

文化庁メディア芸術祭にはアート部門の他にマンガ、アニメーション、エンターテインメント部門があり、その中でも、エンターテインメント部門はゲームや携帯アプリ、CM、サービスなどかなり幅広い分野を扱っている。受賞作品の中には、どこかで目にしたことがあるという作品も。アートの展覧会はちょっと苦手という人も楽しめる内容になっている。

文化庁メディア芸術祭受賞作品展

この展覧会の入場料は“無料”。メディアアートに興味がある人やマンガやアニメ好きな人はもちろんだが、駅からもさほど遠くないので「メディアアートってどんなものだろう」と軽い気持ちで寄ってみても損はない。

実際どういった展示なのかを紹介しよう。

全ての写真をご覧になりたい方はこちらからどうぞ

マンガ部門

・大賞:土星マンション

土星マンション原画

今回大賞を受賞したのは『土星マンション』。地球全体が自然保護区域となり、地上に降りることが許されなくなった時代、人類が巨大なリングシステムの中で生活している中で、主人公のミツがリングシステムの窓ふきの仕事をしながら、人々と関わっていくというハートフルな物語だ。

土星マンション主人公設定シート

主人公“ミツ”の設定シート、ファンにはたまらない。

土星マンション展示

“ミツ”が窓ふきの仕事をしている展示もうれしい。

(C)岩岡ヒサエ / IKKICOMIX(小学館)

・優秀賞:あの日からのマンガ

あの日からのマンガ顔はめ看板

こちらは優秀賞を受賞した『あの日からのマンガ』のブース。ここにはなぜか、顔はめ看板が……これははめたい。

あの日からのマンガ写真

震災をテーマにした作品であるため、作者のしりあがり寿氏が被災地で撮影した写真も展示されている。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。