ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Androidを搭載したスマートプロジェクター「Xperia Touch G1109」を6月24日に国内発売、価格は15万前後

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Sony Mobile は 4 月 20 日、壁やテーブル、デスクなどの面をタッチ可能な Android のディスプレイに変えるスマートプロジェクター「Xperia Touch G1109」を 6 月 24 日に国内で発売すると発表しました。価格はオープンとなっていますが、市場予想売価は 150,000 円前後になるそうです。また、明日 4 月 21 日からは Sony ストアでの展示が始まります。Xperia Touch はレーザー光源の単焦点型プロジェクターを表示装置として備える Android デバイスで、Android 7.0 Nouat を採用しており、Android の UI を壁がデスクなどの様々な面に投映することで指でのタッチ操作を可能にします。Xperia Touch は Google Play に対応しており、アプリによって身の回りの様々な面を Android タブレットのタッチスクリーンに変えることができます。また、優れた接近認識機能によって、ユーザーが Xperia Touch に近づくと壁時計を表示したスタンバイモードからメイン画面に切り替わり、玄関に設置しておくと帰ってきた家族に伝言を見せることのできるメッセージボードとしても活用できます。Xperia Touch の筐体サイズは 143 x 134 x 69mm で、プロジェクターは単焦点型です。平らな面を 23 インチ大のタッチスクリーンに変えます。タッチ認識の仕組みは、内部の配列化された赤外線ライトと 60fps のカメラ走査を活用したことで、ユーザーの指の動きを感知し、タップ、スワイプ、スクロールなどの様々なタッチジェスチャーを可能にしています。表示システムは「SXRD」と呼ばれるもので、解像度は 1,366 x 768 ピクセル。また、実用的な投映サイズは 23 ~ 80 インチで、明るさは 23 インチ大で 100 ルーメンです。フォーカスは AF 式で、タッチインタフェースは 10 点のマルチタッチに対応しています。主要スペックは、Snapdragon 650 APQ80056 1.8GHz + 1.4GHz ヘキサコアプロセッサ、1,300 万画素カメラ(Exmor RS、F2.0・22mm レンズ)、ライト / コンパス / ジャイロ / 気圧、温度・湿度 / 回転ベクトル / 磁力 / Presence(存在)/ 動き検出などの多彩なセンサー、HDMI(Type-D)、USB Type-C、ステレオスピーカーなどを搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n/ac(433Mbps)、Bluetooth v4.2、aptX、LDAC、DLNA、HDCP などに対応しています。PlayStation 4 リモートプレイにも対応しています。Xperia Touch はバッテリー駆動にも対応しており、1,200mAh の内蔵バッテリーで 1 時間の動画視聴が可能とされています。Source : Sony Mobile

■関連記事
ヤフー、Yahoo! Japanにnパスワードを使わない新しいログイン方法を導入開始
おお蔵、ハイブランドのバッグやジュエリーなどをレンタルできるサービス「My Stock」を5月から提供開始、専用アプリもリリース
Google、Android Payで電子マネー「nanaco」の取り扱いを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。