体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドリッシュセブン第3部PV発表! しかしその不穏すぎる内容に動揺するファンが続出【PVセリフ全書き起こしアリ】 [オタ女]

男性アイドルグループの成長をモチーフとした、スマホ用リズムゲームアプリ『アイドリッシュセブン』の第3部シナリオのPVが4月17日に公開されました。

知らない方のために説明すると、この『アイドリッシュセブン』(通称アイナナ)というゲーム、リズムゲームでもありつつ、シナリオ部分はアイドルの成長物語となっています。しかし第1部・第2部とも、単なるサクセスストーリーではなく、むしろ厳しい試練や涙と波乱満載のドラマティックな内容となっています。

まさしく「なかなか笑顔にさせてくれないアイドルゲーム」なのです。

参考:なかなか笑顔にさせてくれないアイドルゲーム『アイドリッシュセブン』アニメ化決定 1周年記念ストーリーも配信開始 | オタ女
http://otajo.jp/63580 [リンク]

そんな「アイナナ」の第3部PVは、こんな内容でした。

第3部PV書き起こし

激動の第3部、開幕――

「あなたは、自分の手で育てた人材を失敗作だからと見捨てたんですか…?」(TRIGGER 九条 天)

「記事も攻撃的だった…。今までいろいろ言われてきたこともあるがこんな露骨なのは初めてだ。」(TRIGGER 早乙女 楽)

「今、誰かを憎んでしまったら、俺たちも同じになるじゃないか!」(TRIGGER 十 龍之介)

狂気と破壊の、テトラルキア。ZOOL
(※テトラルキアとは古代ギリシア語、ラテン語で「4名の支配」を意味する)

狗丸 トウマ TOMA INUMARU(CV 木村 昴)
「TRIGGERもざまぁないな。王者の風格が大暴落だ。」

亥清 悠 HARUKA ISUMI(CV 広瀬裕也)
「いずれお前は忘れ去られる。お前が与えたものも、見せたものも、全部、みんな。」

棗 巳波 MINAMI NATSUME(CV 西山 宏太朗)
「ははははははっ。すみません、悪気はなかったです……ただ、少し可笑しくって。」

御堂 虎於 TORAO MIDO(CV 近藤 隆)
「本当の自分のことを黙ったままでいるのは、苦しくないか?」

歯車が…狂い始める――

「へえ…。卑しい悪知恵を働かせて、あんたの口をきけなくしてやろうか?」(二階堂 大和)

「今日みたいな日は、二度と来ないかもしれない。」(七瀬 陸)

「貴方がIDOLiSH7に執着できるなら、どんなことが起きても先手を打って戦います。」(和泉 一織)

「怖いじゃんか。人に知られたくない、自分の姿を受け入れて認めるのってさ。」(和泉 三月)

「優しくしてもらって、大好きだったのに、そんなこと言わないでって言えなかった。勇気が無くて…。」(逢坂 壮五)

「言い訳しろっつってんだよ!誤解したまんまじゃん、あんたのこと!」(四葉 環)

「恐喝、談合、買収、密約。お好みのものをどうぞ。」(六弥 ナギ)

「誘惑や、見栄や、寂しさや、執着に振り回されて、まっすぐ進めない。それでも、つかみたい願いがあるんだよ。」(Re:vale 百)

1 2次のページ
あじみの記事一覧をみる
あじみ

記者:

最近になって女性向けゲームに心奪われ、何かが発症進行中。 主要日課は『アイナナ』『夢色キャスト』『ドリフェス!』『ときめきレストラン』『サンリオ男子』『アイ★チュウ』『バンドやろうぜ!』 『ボーイフレンド(仮)きらめきノート』『初恋モンスター』など 料理は好きだけど、洗濯物を干すのが大の苦手です。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。